日本からの出国、日本への入国について(新型コロナウイルス(COVID-19)流行下の特例措置)2020年8月31日現在

2020年09月01日
WeXpats (執筆)
WeXpats専属ライター。WeXpatsは日本で夢を叶えたい外国人を応援する多言語対応ポータルサイトを運営しています。 https://we-xpats.com/ja/destination/as/jp/

日本国政府は、2020年8月28日の決定により、2020年8月31日までに再入国許可(みなし再入国許可を含む)をもって出国した日本の在留資格保持者で、所定の手続きをした人は、出国日にかかわらず、2020年9月1日以降の再入国を認めることになりました。

この決定により、日本に滞在中の在留資格保持者は、手続きをした上で、国外に出国し、その後再入国できることになりましたので、その方法について説明します。

外務省 「在留資格を有する外国人の再入国について」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/page1_000864.html

出国及び再入国可能な条件

2020年8月31日現在、日本から出国し、上陸拒否の対象地域への渡航を予定している人は、以下の条件をすべて満たす必要があります。ただし、具体的な出国予定がない人、日本出国予定日が1か月以上先の人は、申出を遠慮してください。

① 有効な再入国許可を受けている人

② 有効な旅券と在留カードを所持し、みなし再入国許可による出入国が可能な人

<対象外>

・特別永住者の方は、出入国管理及び難民認定法第5条第1項の審査の対象とならず,新型コロナウイルス感染症対策による各措置で上陸が拒否されることはありませんので,本件措置の対象外です。

・「外交」又は「公用」の在留資格をお持ちの方は,本件措置の対象外です。

*みなし再入国とは

日本に在留資格をもって在留する外国人で、有効な旅券を所持している方のうち,「3月」以下の在留期間を決定された方及び「短期滞在」の在留資格をもって在留する方以外の方が,出国の日から1年以内に再入国する場合には,原則として通常の再入国許可の取得が要らないというものです。

みなし再入国 http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/minashisainyukoku.html
Special Re-entry Permit http://www.immi-moj.go.jp/english/tetuduki/zairyuu/specialre-entrypermit.html
法務省「本邦滞在中の在留資格保持者の再入国予定の申出について」http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00245.html
(英語・English)Request of intention to re-enter Japan for foreign nationals with status of residence currently residing in Japan(As of August 28) [PDF]
(中国語簡体字・中文簡体)关于逗留日本的居留资格持有者的预计再入境请求(8/28)[PDF]
(韓国語・한국어)일본 체류 중인 재류자격 보유자의 재입국 예정 신청에 대하여(8/28)[PDF]

日本からの出国前に行うこと

以上の条件を満たしている人は、日本から出国する前に以下の手続きをする必要があります。

・「追加的防疫措置」への誓約

「追加的防疫措置」とは、滞在先の国・地域を出国する前72時間以内にCOVID-19(新型コロナウイルス)に関する検査を受けて、「陰性」であることを証明する検査証明(以下「検査証明」という。)を取得し、日本への再入国時に、入国審査官に対して検査証明又はその写しを提出することを言います。この措置を守ることができる人に限り、日本からの出国手続き、再入国の申し出を行うことできます。

・再入国予定の申出

これから日本から出国し、日本へ再入国する予定で、「追加的防疫措置」を守る人は、2020年9月1日以降、以下メールアドレス宛に、必要事項を入力の上、再入国予定を申し出るメールを出入国在留管理庁へ送信します。ファイルを添付したメールは受理できないので、必ずメールにベタ打ちで送信する必要があります。

<メール送信先>

・こちらのページ最下部にあるメールソフトから

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00245.html

・もしメールソフトが起動しない場合は…

>東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県,茨城県,栃木県,群馬県,山梨県,長野県又は新潟県にお住まいの方はこちら

reentry-confirmation-req01.immi@i.moj.go.jp

>それ以外の地域にお住まいの方はこちら

reentry-confirmation-req02.immi@i.moj.go.jp

<メール件名>

再入国予定の申出について

<メール本文の例>

特設ホームページ掲載の追加的防疫措置の内容を確認しました。再入国に当たっては,同措置に従うことを誓約します。

I have confirmed the additional quarantine measures on the dedicated website and pledge to comply with these measures when re-entering Japan.

再入国の予定は以下のとおりです。

My schedule for re-entry to Japan is as follows.

(1)在留カード番号(Residence Card Number):AB12345678CD

(2)国籍・地域(Country/Region):USA

(3)氏名(Name):TURNER ELIZABETH

(4)性別(Sex):Female      

(5)生年月日(DOB):19851231(yyyymmdd) ※以下日付の記載は同じ

(6)渡航予定先(Destination):USA

(7)出国予定年月日(Departure Date):20200910      

(8)出国予定港(Departure Port):NARITA     

(9)再入国予定年月日(Re-entry Date):20201001      

(10)再入国予定港(Re-entry Port):HANEDA

<注意点> 

※令和2年9月1日(火)から同年9月6日(日)の間に出国を希望する人は、直接空港の出国審査場で、入国審査官に再入国予定を申し出てください。

※記入事項に誤りがあった場合、メールは受理されない。

※空港検査能力を超えた場合(件数が多かった場合)、受付を一時停止することがある。

※受理書は再入国手続に際して1回限り有効。

※外国からの申出は受理しない。

※申出は1人ずつ行う。

※メール本文の必要事項は、半角英数字で記入する。

・受理書(メール)を受領する

出入国在留管理庁がメールを確認し、出国及び再入国予定者として認められた場合、メールに返信が来ます。返信メールが受理書となりますので,必ずデータを保存,又は,印刷してください。

・出国手続き

日本を出国する空港において、入国審査官に受理書を提示してください。

法務省「本邦滞在中の在留資格保持者の再入国予定の申出について」http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00245.html
出入国在留管理庁「本邦滞在中の在留資格保持者の再入国手続の流れ」http://www.moj.go.jp/content/001327486.pdf

日本への再入国前に行うこと

日本への再入国前には以下の手続きを行う必要があります。

・検査証明を取得

滞在先の国・地域を出国する前72時間以内にCOVID-19(新型コロナウイルス)に関する検査を受けて、「陰性」であることを証明する検査証明を取得してください。

<注意点>

※原則として、以下の所定のフォーマットを使用し、現地医療機関で記入(全て英語で記載)、医師が署名又は押印したものを準備してください。任意の様式を使用する場合,所定のフォーマットと同内容が記載されているものを準備してください。

※検査手法について、所定のフォーマットに記載されている採取検体、検査法以外のものは認められません。

<フォーマット>

再入国許可により出国した外国人が再入国する際に必要となる新型コロナウイルス感染症に関する検査証明のフォーマット[word]

・再入国の手続き

日本到着後,検疫所において新型コロナウイルス感染症の検査を受けます。検疫後の入国審査では,受理書を提示し,また,検査証明(又はその写し)を提出して審査を受けます。

まとめ

日本への再入国に関しては、この記事に詳しい情報がありますので、参照してください。

「日本への再入国について(新型コロナウイルス(COVID-19))2020年8月31日現在」