在留カード更新のタイミングはいつ?手続きの流れと必要書類を企業へ解説

2022年05月19日
WeXpats Bizは技能実習/特定技能の外国人採用・雇用支援サービスを提供しているLeverages Global Supportの関連サイトです。行政書士監修の下、外国人採用の現場で役立つ情報を発信しています。
濵川恭一 (監修)
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

雇用している外国人の在留カードの更新について、詳しく分からない企業もあるでしょう。すべての在留カードには有効期限があります。有効期限以降も日本への在留を希望する場合、在留カードを更新しなくてはなりません。このコラムでは、在留カードの基礎知識や更新方法について解説します。申請に必要な書類についてもまとめているので、内容を参考にして外国人の在留カード更新申請をサポートしましょう。

目次

  1. 在留カードとは
  2. 在留カードの更新方法
  3. 在留期限が切れた外国人を雇用するとどうなる?
  4. 外国人雇用時は在留カードを必ず確認しよう
  5. まとめ

在留カードとは

在留カードとは、日本に中期または長期間在留する外国人が、身分を証明するためのカードです。外国人が持つ在留カードは、就労や行政手続きをする際の身分証明書として使用できます。有効期限後も引き続き日本に在留する外国人は、期限が切れる前までに更新手続きを行わなければなりません。

在留カードに記載されている項目は以下のとおりです。
 

【表面】

  • 顔写真(16歳以上)
  • 在留カード番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍、地域
  • 住居地
  • 在留資格
  • 就労制限の有無
  • 在留期間(満了日)
  • 許可の種類
  • 許可年月日
  • 交付年月日
  • 在留カードの有効期限
     

【裏面】

  • 住居地記載欄
  • 資格外活動許可欄
  • 在留期間更新等許可申請欄
     

16歳以上の中期・長期在留中の外国人は、在留カードを携帯する義務があります。また、警察官や入国審査官などから提示を求められたときは、必ず在留カードを提示しなければなりません。不携帯は20万円以下の罰金、提示に応じなかった場合は1年以下の懲役または20万円以下の罰金の対象となります。

参照元
出入国在留管理庁「「在留カード」はどういうカード?

在留カードの更新方法

ここでは、在留カードの更新方法を紹介します。

更新のタイミング

在留カード更新のタイミングには、以下3つのパターンがあります。
 

  1. 在留資格「永住者(16歳以上)」、「高度専門職2号」を持つ外国人:在留カードの有効期間満了日の2ヶ月前から満了日までの間
  2. 有効期間満了日が16歳の誕生日:誕生日の6ヶ月前から誕生日までの間
  3. 在留資格「永住者」「高度専門職2号」以外の外国人:在留期間満了日の3ヶ月前から満了日までの間
     

在留資格「永住者」と「高度専門職2号」を持つ外国人の在留期間は無期限ですが、在留カードの有効期限は7年なので更新手続きが必要です。

申請期間内の申請が困難と予想される場合は、地方出入国在留管理局へ相談のうえ更新期間前に申請ができます。

手続きの流れ

在留カード更新手続きの流れは以下のとおりです。
 

  1. 必要な書類を用意する
  2. 住居地を管轄する地方出入国在留管理局で手続きを行う
  3. 新しい在留カードを受け取る
     

在留資格「永住者」「高度専門職2号」を持つ外国人は、申請当日に新しい在留カードを受け取れます。更新の際に、手数料はかかりません。

在留資格「永住者」「高度専門職2号」以外の外国人の在留カードの期限は、在留期間の満了日と同じです。そのため、在留期間更新許可申請が在留カードの更新を意味します。許可を受けたあとに4,000円の手数料が必要です。また、審査に2週間~1ヶ月程度掛かるので、申請後にハガキが届いてから新しい在留カードを受け取ります。

申請に必要な書類

在留資格「永住者」「高度専門職2号」を持つ外国人が、在留カードを更新するときに必要な書類を以下に紹介します。
 

  • 在留カード有効期間更新申請書
  • 証明写真(裏面に氏名を記入し申請書に添付)
  • パスポートまたは在留資格証明書(提示できない場合は理由書)
  • 現在所有している在留カード
  • 在留カード漢字氏名表記申出書(希望者のみ)
     

在留カードに記載される氏名は原則ローマ字表記ですが、「在留カード漢字氏名表記申出書」を提出すればローマ字と漢字の併記が可能です。「在留カード有効期間更新申請書」は、出入国在留管理庁のWebサイトからダウンロードできます。
 

地方出入国在留管理局またはオンラインで申請

在留カードの更新や在留期間の更新手続きは、外国人本人が住居地を管轄する地方出入国在留管理局の窓口で行います。外国人本人から依頼を受けた弁護士や行政書士などが申請取次者として申請することも可能です。

オンラインで申請を行う場合は事前に利用申し出を行ったうえで、地方出入国在留管理局の承認を受ける必要があります。

在留カードの更新については「在留カードの期限切れにはどう対処する?外国人を雇用する企業に向け解説」でも解説しています。もっと詳しく知りたい方は、併せてチェックしてみて下さい。

参照元
出入国在留管理庁
「在留カードの有効期間の更新申請」
「在留申請のオンライン手続

在留期限が切れた外国人を雇用するとどうなる?

ここでは、在留期限が切れた外国人を雇用したときに、雇用主が科される罰則と在留期限が延長される事例について解説します。

雇用主は「不法就労助長罪」で罰せられる

在留期限が切れた外国人を雇用すると「不法就労助長罪」で罰せられます。外国人に不法就労をさせたり仕事をあっせんしたりする行為が、不法就労助長罪です。不法就労助長罪に問われると、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。企業の経営者だけでなく、外国人の雇用を決めた支店長や所長、人事責任者なども処罰の対象です。

審査を待つ間は在留期限が延長される

更新申請後に審査を待つ間は在留期限が延長されます。在留カード裏面に「在留資格変更許可申請中」と記載され、最長2ヶ月間の在留期限延長が認められるのです。

ただし、在留カードの更新期間内に申請を行わず有効期限が切れた場合、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処されます。期限が切れた状態で日本に在留し続ける外国人は不法滞在者です。不法滞在者には3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。

不法滞在の外国人は就労が認められないばかりか、退去強制および出国命令処分の対象です。退去強制で出国すると5年間、出国命令の場合は1年間日本に入国できません。また、過去に退去強制または出国命令によって出国したことがある外国人は、10年間の入国ができなくなります。

外国人雇用時は在留カードを必ず確認しよう

外国人を雇用するときは、必ず在留カードの原本を目視して、有効性や在留期限などを確認しましょう。出入国在留管理庁が提供している「在留カード等読取アプリケーション」を利用すると、偽変造された在留カードでないかを確認できます。外国人の在留期限や在留カードの有効期限が迫っている場合は、更新が済んでから雇用しましょう。また、雇用中も外国人の在留期限を定期的に確認し、更新期間内に早めに申請するよう促すことが大切です。

参照元
出入国在留管理庁「不法就労外国人対策

まとめ

在留カードは、日本で中期または長期在留する外国人が持つ身分証明書です。在留カードには有効期限があるので、期限が切れる前に外国人本人が更新手続きを行う必要があります。外国人を雇用する際は、必ず在留カードで在留期間を確認することが重要です。期限が迫っている場合は、更新手続き完了後に雇用しましょう。

初めてでも安心!

3分で理解できる外国人採用ノウハウ

資料ダウンロード

人材不足に悩んでいませんか?

この資料では、「外国人採用のメリット」、「外国人の雇用方法」、「Leverages Global Supportの強み」について、わかりやすく紹介しています。

是非、外国人採用の初めの一歩にご活用ください。

無料ダウンロード