技能実習責任者講習の概要を外国人を雇用する企業に向け解説!

2021年09月06日
WeXpats Bizは技能実習/特定技能の外国人採用・雇用支援サービスを提供しているLeverages Global Supportの関連サイトです。行政書士監修の下、外国人採用の現場で役立つ情報を発信しています。
濵川恭一 (監修)
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

企業が技能実習生を受け入れるときは、受入事業所ごとに「技能実習責任者」を置く必要があります。技能実習責任者が3年ごとに受ける義務があるのが技能実習責任者講習です。このコラムでは、技能実習責任者講習の内容や受講方法を解説します。技能実習責任者講習は技能実習生を適切に管理するために重要なものです。技能実習責任者やこれからなる予定の人は忘れずに受講しましょう。

目次

  1. 技能実習責任者とは?
  2. 技能実習責任者講習とは?
  3. 技能実習責任者講習を受ける流れ
  4. 技能実習責任者と関連する役割
  5. まとめ

技能実習責任者とは?

技能実習責任者とは、技能実習生を受け入れる企業が事業所ごとに置かなければならない責任者です。以下で詳しく説明します。

外国人が技能実習をする事業所ごとに必要

技能実習責任者は、外国人が技能実習をしている受入事業所ごとに置く必要があります。その理由は、技能実習責任者は技能実習に関わる職員の監督や、技能実習生が安心して働くためにサポートする役割を担っているためです。

技能実習生の管理やサポートを行う

技能実習責任者の役割は、主に職員や技能実習生の管理や技能実習の進捗の確認です。具体的には「技能実習計画の作成」「技能実習の受け入れ準備」「関係機関との連絡調整」などがあります。

技能実習責任者になる要件

技能実習責任者になるには3つの要件があります。「実習実施者または実習実施会社の常勤の役員や職員」「自分以外の技能実習に関わる職員を管理できる者」「過去3年以内に技能実習責任者に対する講習を修了した者」です。この条件を全て満たしている人が技能実習責任者として業務ができます。なお、禁錮刑に処せられ、刑の執行から5年経っていない人や、過去5年以内に出入国や労働に関する法令に違反した人は技能技能実習責任者になることはできません。また、以上の要件以外に誓約事項として「技能実習生の財産を管理しない」「技能実習生または外国人の技能実習準備機関との間で、違約金を求めない」ことが求められます。

技能実習責任者講習とは?

技能実習責任者になるには「技能実習責任者講習」を受ける必要があります。技能実習責任者講習を受ける年数や実施している機関、講習の内容について解説しますので参考にしてください。

技能実習責任者は3年ごとに受講する

技能実習責任者養成講習は、3年ごとに受講する義務があります。技能実習責任者になる要件に「過去3年以内に技能実習責任者講習を修了していること」が含まれるため、講習を受け忘れると技能実習責任者として業務を行うことができなくなるので注意しましょう。

厚生労働省から認定を受けた機関で受講する

講習は技能実習法に基づき、主務大臣が要件を満たしていると認めた民間の機関で受講します。全国各地に講習実施機関はあるので、受講場所や受講日を厚生労働省のWebサイトで確認してみましょう。

「講義」「テスト」「解説」で構成される

技能実習責任者講習は、講義、テスト、解説の全部で6時間あります。

まず受講するのは、技能実習法から入管法など技能実習にまつわる法律に関しての講義です。そして、適切な技能実習の実施方法や労働事故防止についての実務的な内容の講義を受けます。

全ての講義を修了したあとに正誤式の理解度テストがあります。講義をしっかり聞いていれば合格できる内容です。理解度テストに合格すると「受講証明書」が交付されます。なお、テストに不合格だった場合は、別の日に技能実習責任者講習を再受講し、テストを受け直す必要があるので注意しましょう。

参照元
e-GOV 法令検索
外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成二十八年法律第八十九号)
厚生労働省
外国人技能実習における養成講習について

技能実習責任者講習を受ける流れ

技能実習責任者講習を受ける流れを説明します。

まずは、講習を実施している機関のWebサイトにアクセスをして、希望の日程や場所を選択して技能実習責任者講習に申し込みましょう。その後、カリキュラム開始の約1週間前までに受講料を支払うと受講証が届くので、受講証と身分証を持参して講習を受けます。

なお、講習を受けるエリアや受講機関によって多少の違いがあるので、講習を実施している機関のWebサイトなどで詳細を確認すると安心です。また、オンラインで受講出来る講習もあります。

技能実習責任者と関連する役割

技能実習責任者と深く関連する役割に「技能実習指導員」「生活指導員」があります。それぞれの役割の概要や、技能実習責任者との役割の違いをまとめました。

技能実習指導員

技能実習責任者が、技能実習生や関係する職員を管理する役割なのに対し、技能実習指導員は技能実習生に直接指導する役割を担っています。そのため、事業所に常駐勤務していなければなりません。また、技能実習生に直接指導する役割であることから、技能実習生が習得する技能を5年以上経験している必要があります。

生活指導員

技能実習責任者や技能実習指導員が、技能実習そのものに対して監督、指導をするのに対し、生活指導員は技能実習生の日本での生活のサポートを行います。技能実習と直接関係のない悩み事や困り事の相談に乗るのも生活指導員の重要な役割です。なお、技能実習責任者とは違い技能実習指導員や生活指導員の養成講習の受講は義務化されていません。しかし、厚生労働省は3年ごとに講習を受けることは、優良な管理団体または優良な技能実習実施者を判断する要件になるとして推奨しています。

参照元
厚生労働省
優良要件への加点について

まとめ

技能実習責任者は、技能実習を行う事業所ごとに必ず設置しなければならない役割です。技能実習責任者は、適切に技能実習生や技能実習に関わる職員の監督・管理を行えるように3年ごとに「技能実習責任者講習 」を受ける必要があります。忘れずに受講しましょう。

初めてでも安心!

3分で理解できる外国人採用ノウハウ

資料ダウンロード

人材不足に悩んでいませんか?

この資料では、「外国人採用のメリット」、「外国人の雇用方法」、「Leverages Global Supportの強み」について、わかりやすく紹介しています。

是非、外国人採用の初めの一歩にご活用ください。

無料ダウンロード