外国人が永住許可を申請する理由は?永住理由書の書き方も解説

2021年11月08日
WeXpats Bizは技能実習/特定技能の外国人採用・雇用支援サービスを提供しているLeverages Global Supportの関連サイトです。行政書士監修の下、外国人採用の現場で役立つ情報を発信しています。
濵川恭一 (監修)
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

「なぜ外国人は永住許可を申請するの?」「理由書って何のこと?」と疑問に思う方もいるでしょう。このコラムでは、外国人が永住許可を申請する理由でよく挙げられるものを紹介します。また、就労系の在留資格を持つ外国人の永住申請に必要な「理由書」の書き方を例文とともに解説。外国人を雇用している方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. 外国人が永住許可を申請する理由は?
  2. 永住許可を申請するときに必要な理由書の書き方
  3. 永住理由書を書く際の注意点
  4. まとめ

外国人が永住許可を申請する理由は?

外国人が永住許可を申請する理由は、永住者はほかの在留資格と比べて自由に日本で生活できるためです。具体的には、在留期限がなくなったり、仕事の制限がなくなったりします。また、日本で暮らすうえでの一定の信用が得られるのも、永住許可を申請する理由といえるでしょう。

仕事の制限がなくなる

外国人は永住許可を得ると、自由に仕事の選択が可能です。在留資格には「技術・人文知識・国際業務」「技能」など、活動できる範囲が定められているものがあります。就労制限のある在留資格を持つ外国人は、自由に仕事を選択できません。たとえば、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を有して英語の通訳の仕事をしていている外国人が、教育機関で英語教諭になるには在留資格の変更をともないます。同じ英語を用いる仕事でも、英語教諭は「教育」の在留資格でのみ行える仕事であるためです。しかし、永住者は就労制限がなくなるのでどのような仕事にも就けます。職業選択が自由にできることは、日本で暮らすうえで大きなメリットになるでしょう。

在留期間の制限がなくなる

外国人が永住許可を申請する理由の一つは、在留期間が無期限になることです。多くの在留資格には在留期限があります。期限は外国人ごとに決められ、最短で3ヶ月、長くても5年です。在留期限のある在留資格を持つ外国人は、期限が切れる前に居住地を管轄する地方出入国在留管理局で、在留資格更新許可申請をしなくてはなりません。在留状況によっては、更新申請しても不許可になる可能性もあります。しかし、永住者になれば在留期限がなくなるため、更新の手続きをする必要がありません。在留カードの更新だけで済むので、煩雑な手続きから開放されます。

ローンが組みやすくなる

外国人は永住者になると、ローンが組みやすくなります。在留期限のある外国人が、日本でマイカーローンや住宅ローンを組むのは簡単なことではありません。理由は、金融機関が外国人が帰国してローンが回収できなくなるリスクを懸念し、審査を厳しくするためです。絶対にローンが組めないわけではありませんが、申し込みを受け付けない金融機関もあり、ハードルが非常に高くなるでしょう。しかし、永住者には在留期限がないことから「日本で長期的に暮らす人物」という信用が生まれ、ローン審査に通りやすくなります。

生活の制限が少なくなる

外国人は永住者になることで、生活の制限が少なくなります。たとえば、日本人と結婚して「日本人の配偶者等」の在留資格を持っている外国人は、離婚すると在留資格を失い、ほかの在留資格に変更できなければ母国に帰らなくてななりません。そのため、離婚したくても我慢している人もいるようです。しかし、自らが永住者になれば、配偶者と離婚後も引き続き日本に住み続けられます。結婚や転職、起業も在留資格を気にせず行えるなど、在留資格に縛られずに生活できるのも外国人が永住許可を申請する大きな理由でしょう。

永住許可を申請するときに必要な理由書の書き方

外国人が永住許可を申請する際は、「理由書」を提出する必要があります。ここでは、理由書の書き方を各項目ごとに紹介します。

冒頭文

冒頭文は必ず入れなくてはならない項目ではありません。しかし、冒頭文を入れておくと、文章全体の体裁がよくなり、読みやすくなります。通常、冒頭文には、申請者の国籍と氏名、これから記載する内容を書きます。

【例文】

「私は中国籍の▲▲と申します。この度「永住者」の在留資格を申請いたします。来日から今日に至るまでの経緯と、「永住者」の在留資格を申請する理由について説明させて頂きます。」

来日から今日に至るまでの経緯

来日してから今日に至るまでの経緯の欄では、どのような経緯で来日し、日本でどのような活動をして、なぜ永住申請をするに至ったのかを書きます。正当な手続きを経て来日し、しっかり働いて生計を立てられているのが分かるように書くのが重要です。なお、今まで在留資格の更新や変更で申請した内容とズレがあってはいけません。年月日を書くときは、今までの申請内容を確認しながら書きましょう。

【例文】

 「私は、親戚が日本に住んでいたため幼少期から何度も日本に訪れていました。来日する度に親戚みんなと観光に出掛けて、楽しい思い出をたくさん作りました。その影響で、いずれは日本に住みたいと考えるようになりました。母国である中国の▲▲大学日本語科を卒業後、2010年4月に△△県立大学▲▲学部に留学生として来日しました。△△県立大学在学中は、日本人の先輩や友人に日本の文化やマナーを丁寧に教えてもらいました。大学の友人は、休日に日本の観光スポットや文化を感じられる場所によく連れていってくれたので、さらに日本への愛着が増しました。卒業後は「人文知識・技術・国際業務」の在留資格を取得し、システムエンジニアとして現在まで従事しております。」

現在の就労状況や生活状況

この項目で書くのは、現在行っている仕事の内容や生活状況についてです。永住者ビザを得るための条件の一つに、「独立した生計を営むことができる資産または技能を有していること」が挙げられます。そのため、この項目で日本で十分な収入を得て、安定した生活を送っているのをアピールしなくてはなりません。具体的には所属している会社名や役職、収入を記入します。また、今後日本でどのような仕事をしていきたいか、どうなっていきたいかなどの将来の展望を書くとなお良いでしょう。

【例文】

「私は新卒で株式会社▲▲に入社して以来、システムエンジニアとして働いています。給料は月々約△△円頂いており、賞与は年2回の約△△円です。入社してから▲▲年経過しており、部下も複数持つようになりました。入社した当初は右も左も分からずミスばかりしてしまい、上司や同僚に迷惑を掛けたことも多々あります。たとえば、大事なクライアントに友人に話しかけるような態度で接してしまい、機嫌を損ねてしまったことがありました。しかし、そのような失敗があっても社長や上司、同僚が根気強く見守って下さったおかげで徐々に慣れ、今ではやりがいを持って働けています。今後も現在の職場で継続して働き、新卒で何も分からないときからお世話になっている会社に貢献したいと思っています。」

◯永住許可を申請する理由

永住許可を申請する理由の項目は、理由書のなかでも特に重要といっても良いでしょう。「なぜ日本に永住したいか」「数ある国のなかでなぜ日本を選んだのか」をできるだけ具体的に記入します。また、いかに日本の法律を厳守し、善良に生活してきたかを示すのも重要です。

【例文】

「私は親戚が日本におり、幼少期から幾度も足を運んできました。そのため、私にとって最も身近な外国は日本です。両親に連れられて来日する度に日本人の親切さや日本文化の素晴らしさに触れ、いつか日本に住んでみたいと願っていました。日本で暮らして10年以上経ちますが、今でもその気持ちは変わっていません。また、私と同じように日本に移り住んだ親戚もさらに増え、生活の基盤は日本にあります。今後も末永く日本で暮らし、日本社会の一員として生活を営んでいきたいと思い、永住者の在留資格の申請に至りました。

私の2020年度の年収は▲▲円です。今後日本で暮らしていくうえでの経済状況に不安はありません。また、今まで納めるべき税金の未納もございません。保険料や年金、税金は会社の給料引き落としなので、今後も未納になる可能性は極めて少ないです。法律違反をしたことはなく、周囲に迷惑を掛けないように努めております。」

理由書を書く際は、最後に「これからも日本の法律や法令、社会のルールを遵守し、日本社会の一員として責任ある生活を送っていきます。」といった、宣誓文を入れましょう。

永住理由書を書く際の注意点

永住理由書を書く際の注意点は、誤字や脱字がないように努めることです。日本への永住に対する熱意をアピールするために、具体例をなるべく書くのも大切でしょう。

永住理由書が必要ない外国人もいる

永住許可を申請する際に、理由書が必要のない外国人もいます。「日本人の配偶者」や「永住者の配偶者等」などの身分系の在留資格を持つ外国人は、理由書の提出は必要ありません。なぜなら、永住の目的が明確だからです。永住許可の申請理由が妻や夫、子どもと日本で長く暮らすためなのが説明しなくても分かるので、理由書は必要ないでしょう。理由書が必要なのは、「技術・人文知識・国際業務」「介護」など、就労系の在留資格を有している外国人です。就労系の在留資格を持っている外国人は、「なぜ永住したいのか」「なぜ日本での永住を選んだのか」といった理由が、詳しく説明しないとなかなか伝わりません。そのため、永住申請をする際に理由書を提出します。なお、身分系の在留資格を持つ外国人でも、永住申請が許可されるか不安な場合は提出しても良いでしょう。

正しい日本語を心掛ける

理由書を作成する際は、正しい日本語を使うように心掛けましょう。外国人には会話は問題なくできても、正しく敬語や漢字を用い文章を書くのが苦手な人も多くいます。しかし、これから日本に永住を望む人が、日本語を正しく使えていないのは印象が良くありません。永住申請の審査をする地方出入国在留管理局の担当者に、「本当に日本に永住する気持ちがあるのか」と思われる可能性もあるでしょう。読み書きに自信のない人は、日本人の添削を受けるのをおすすめします。上司や友人のほか、行政書士などの専門家に依頼する人も多いようです。

具体的な出来事を添えて書く

理由書は、具体的なエピソードを添えて書くのが重要です。「日本に興味を持ったきっかけ」や「日本で永住したいと思った理由」などが抽象的だと、理由書としての役割は果たせません。できるだけ具体的に、自分がいかに善良に日本で暮らしてきたかを説明します。たとえば、社会奉仕活動の経験は大きなアピールポイントです。どのような活動をしてどのように社会に貢献したかをできるだけ詳細に書きましょう。

日本に永住したいという熱意を伝える

理由書では「日本で長く暮らしたい」「永住権を得たい」という強い熱意をできるだけアピールするのが大切です。理由書は複数の項目に分かれています。それぞれの項目で書くべき内容は違いますが、最終的には日本の永住に対する強い気持ちが伝わる書き方にしましょう。

まとめ

外国人が永住許可を申請する理由は、在留期限がなくなったり仕事を自由に選べたりと、日本で暮らしやすくなるためです。雇用する外国人の永住は、会社全体にとってもメリットがあるのでできる限りサポートしましょう。

就労系の在留資格を持つ外国人の永住申請には理由書が必要です。理由書では正しい日本語を用いてしっかりした文章を書かなくてはなりません。誤字・脱字のチェックや添削を頼まれたらできる限り引き受けましょう。

初めてでも安心!

3分で理解できる外国人採用ノウハウ

資料ダウンロード

人材不足に悩んでいませんか?

この資料では、「外国人採用のメリット」、「外国人の雇用方法」、「Leverages Global Supportの強み」について、わかりやすく紹介しています。

是非、外国人採用の初めの一歩にご活用ください。

無料ダウンロード