外国人の採用面接での質問例を紹介!確認すべきポイントも解説

2022年09月22日
WeXpats Bizは技能実習/特定技能の外国人採用・雇用支援サービスを提供しているLeverages Global Supportの関連サイトです。行政書士監修の下、外国人採用の現場で役立つ情報を発信しています。
濵川恭一 (監修)
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

初めて外国人採用を行う企業は、どのように面接を進めていけば良いか迷ってしまうでしょう。外国人の採用面接では、日本人応募者と同じ質問だけをしていては不十分です。外国人特有の事情に対する質問をすることで、入社後のミスマッチやトラブルを防げます。
このコラムでは外国人の採用面接における質問の例を紹介。内容を参考にして、自社と相性の良い外国人人材を見つけ出しましょう。

目次

  1. 質問を適切にすれば入社後のミスマッチを減らせる!
  2. 外国人の採用面接で質問する内容
  3. 外国人の採用面接時にチェックすること
  4. 外国人の採用面接でタブーの質問もあるので注意
  5. まとめ

質問を適切にすれば入社後のミスマッチを減らせる!

採用面接時の質問を適切に行うと、入社後のミスマッチを減らせる可能性があります。日本で働く外国人労働者は年々増加傾向にあり、海外とは事業的接点のない企業も採用に踏み切るケースが出てきました。しかし、入社後に人材とのミスマッチを感じたりトラブルになったりする企業も多いようです。

このような事態を防ぐためには、外国人の採用面接の際に適切な質問を行う必要があります。外国人だからこそ確認すべきことを面接の段階でしっかり質問し、自社と相性の良い人材を採用しましょう。

外国人の採用に関しては「【企業向け】外国人労働者の雇用の流れや注意点を解説」のコラムも参考にしてください。

外国人の採用面接で質問する内容

ここでは、外国人の採用面接での質問例を解説します。面接時間には限りがあるので、自社として特に確認したい聞きたいことをピックアップして相談しましょう。

質問1.自己紹介

「自己紹介をお願いします」「1分間で自分のことを話してください」などの質問です。応募者の第一印象を知れるのはもちろん、表情や雰囲気を読み取ることができます。また、外国人応募者に自己紹介をしてもらうことで「簡潔に説明できているか」「声のトーンや話すスピードは自然か」など、日本語での会話能力も知れるでしょう。

質問2.本人の人柄について

「自分はどのような性格だと思いますか?」「長所と短所を教えてください」「辛いことがあったときはどう対処しますか?」などが該当します。外国人の人柄が自社の雰囲気に合っているのかを確かめられるほか、自分を客観視できている人物かを知るのにも有効な質問です。

質問3.日本語能力

業務で少しでも日本語を使うのであれば、「日本語に関する資格はありますか?」「日本語はどのくらい話せますか?」といった質問をしましょう。入社後、外国人の日本語能力が思ったより高くなく、業務に支障が出るリスクを減らせます。ただし、資格や勉強時間だけでは正確な日本語能力を測れません。実際に会話した所感と照らし合わせて判断するのが大切です。

質問4.希望する条件や待遇

「希望する条件・待遇はありますか?」という質問はできるだけ行いましょう。日本の面接では、条件や待遇を面接の段階で詳しく説明しない傾向にあります。しかし、外国人は日本人と比べると労働条件を重要視するうえ、海外では面接段階で条件をハッキリさせるのが一般的です。そのため、条件や待遇をあいまいにしておくと、採用後のトラブルに発展する可能性があります。こちらから先に聞くことで、外国人応募者も希望を言いやすくなるでしょう。

質問5.日本に来た目的

「日本に来た目的は何ですか?」「日本で働こうと思った理由を教えてください」などの質問です。この質問に対する答えの内容自体は、あまり重要ではありません。具体的なエピソードを添えながら、分かりやすく説明できる力をチェックするのが目的です。

質問6.この会社を選んだ理由

いわゆる志望動機です。「日本で働きたいから」「日本企業で働きたい」などの抽象的な動機ではなく、具体的に自社を希望する理由を答えられるかを確認しましょう。

質問7.専攻・学歴・資格

外国人に面接で学歴や教育機関での専攻、取得した資格を聞くのは、在留資格に関係するためです。たとえば、留学生が新卒で日本の企業に入社し働くには、就労可能な在留資格を取得する必要があります。異業種から転職する外国人や海外から新たに来日して働く外国人も同様です。しかし、希望する在留資格を得るには、相応しい学歴や専攻、資格がなければなりません。これらの情報を面接段階で確認しておかなければ、内定後に在留資格が取得できない状況に陥る可能性があります。履歴書でも確認しつつ、不明点は外国人にしっかり質問するようにしてください。

質問8.将来のプラン

「将来の夢は何ですか」「将来やってみたいことはありますか」などと聞くことで、就労意欲や適性のある業務は何かを確認できます。また、近い将来母国に帰国する予定があるかを知るのにも役立つでしょう。

留学生の面接をする企業は「新卒で外国人留学生を採用したい企業必見!就職状況や注意点を解説」のコラムもぜひご覧ください。

外国人の採用面接時にチェックすること

外国人に採用面接で質問する際は、理解度を確認しつつ進めましょう。また、発言の真意を慎重に見極めることも重要です。

面接の質問に対する答えを誇張していないか

外国人の採用面接時は、質問に対する答えを誇張していないか慎重に見極めましょう。日本には「謙遜」という価値観があります。しかし、海外では自分を最大限アピールし、望みを叶えていくべきという考えをする人が多いのです。なかには、自分の経歴や能力を誇張ともとれるような表現でアピールする人もいます。外国人の能力や経歴に関しては、裏付けとなる書類やデータを提出してもらいましょう。

面接で質問されていることを分かっているか

外国人の質問の理解度を、逐一チェックするのも重要です。面接で交わす言葉は日常会話とは異なる言い回しをするため、外国人が意味を正しく理解できていない可能性があります。緊張していると、より外国語を聞き取るのは難しくなるでしょう。会話が嚙み合わなくてもすぐに評価を落とすことはせず、もう一度言い直したり言い回しを変えたりする配慮をしましょう。

勤務時間や残業についてどこまで理解しているか

イレギュラーで勤務時間が変わったり残業や休日出勤が発生したりする企業は、外国人がどこまで理解しているのか質問しましょう。具体的には「月に▲時間残業が発生する可能性がありますが大丈夫ですか?」「勤務時間は知っていますか?」などです。日本では残業や休日出勤の存在がいわば「暗黙の了解」として存在しています。しかし、外国人には通用しません。海外では仕事とプライベートをしっかり切り分ける働き方が一般的です。そのため、残業や休日出勤などに対する考え方が日本人とは異なります。採用面接の段階で認識をすり合わせ、就業後のトラブルを回避しましょう。

外国人の採用面接でタブーの質問もあるので注意

採用面接では、聞いてはいけないタブーとされる質問があります。こちらに悪気はなくても、外国人を傷つけたり不快にさせたりする可能性があるので注意しましょう。具体的には以下の事柄に関する質問には要注意です。
 

  • 宗教や信仰に関する質問(例:信仰しているのはもしかして▲▲?ですか)

  • 人種や出身地を揶揄するような質問(例:▲▲出身者はマナーを守れないイメージだけど大丈夫?)

  • 性別や性的嗜好に関する質問(例:女性なのにどうして男性の服装をしているのですか?

  • 髪型や体型に関する質問(例:入社したらダイエットできますか?)
     

以上の質問は日本人・外国人問わず、すべきではありません。特に宗教や信仰に関しては親切のつもりで聞いてしまうことが多いので、気を付けましょう。

まとめ

外国人を採用する際は、面接時の質問を適切に行うことで入社後のミスマッチを減らせます。聞くべき質問とタブーとされる質問をチェックして、スムーズに外国人の採用面接を進めましょう。