2020/03/17

外国人留学生は必見!日本の就職活動の開始時期を知ろう

日本で就職を考えている外国人留学生の中には、「就職活動の開始時期が分からない」と悩む人もいるでしょう。このコラムでは、日本の就職活動の開始時期やポイントについて、外国人留学生向けに詳しく解説。就活の基本から準備しておくものまで、チェックしてみてはいかがでしょうか。

日本の就職活動の開始時期について

まずは日本の就職活動の基本的なスケジュールについて紹介します。以下に詳細をまとめましたので、チェックしていきましょう。

[大学3年生]
・6月~9月→サマーインターン
・10月~2月→ウィンターインターン
・3月→企業エントリー開始

[大学4年生]
・4月~5月→書類選考
・6月~9月→試験、面接
・10月→内定式

実際に選考が始まるのは4年生からですが、大学3年生の時点で就活の準備は始まっています。エントリー開始前に自己分析、企業分析といった仕込みを済ませておくのが一般的です。

選考の準備の開始時期は大学3年生の夏頃、実際に選考に向けた就職活動が始まるのは、大学4年生の4月からだと覚えておきましょう。

【外国人留学生が感じるギャップとは】

海外の大学では秋が入学・卒業シーズンとなることが多いため、外国人留学生の場合、春の卒業に合わせたスケジュールに違和感を覚える人もいるようです。

また、海外の企業は新卒の採用選考に関して、時期的な縛りがありません。学生側にも「卒業と同時に就職をする」という概念はなく、自分が決めたタイミングで就活をするのが一般的。多くの場合は、就職の時期よりも自分に合った企業を見つけることを優先します。

こういった文化の違いから、外国人留学生は「新卒一括採用」という日本式の就活にギャップを感じるようです。

外国人留学生の就職活動のポイント

次に、外国人留学生が押さえておきたい就活ポイントを紹介します。以下の項目を参考にしてみてください。

【時間を有効活用する】

大学3年生までの間に、時間を有効活用しながら、学業以外の活動に取り組みましょう。サークル、部活、アルバイト、留学などの経験があると、自己PRや強みとして活かすことができます。

何もせずに過ごしてしまうと、アピール材料が少なくなってしまいます。また、企業から「積極性がない」「行動力がない」などと評価される可能性も。

企業が求めるのは自主性が高い人材です。限られた時間の中で、就活の武器を手に入れておきましょう。

【インターンシップにはできるだけ参加する】

インターンシップに参加することで、企業の雰囲気や業務内容などへの理解が深まります。実際の仕事とはどういったものか、ビジネスの根本を知ることで、志望動機などの説得力が増すでしょう。

ただ、海外のインターンシップは採用に直結することが多いですが、日本の場合そういった風潮はそれほど強くありません。この点は注意しておきましょう。

【就活解禁前に分析や筆記試験対策を進める】

就活が解禁となる3月までの間に、自己分析、企業分析、業界研究、筆記試験対策を進めておきましょう。冬休み明けには大学の試験などもあり、準備や対策に時間をかけることは難しいです。

3月からは就活シーズンに一気に突入しますから、出遅れないように備えておくことが大切。仕込みの勝負は、大学3年生の年内までと考えましょう。学校開催の就活ガイダンスなどにも、積極的に参加することをおすすめします。

就職活動に必要なもの

最後に、日本の就活で最低限準備しておきたいアイテムを紹介します。以下よりチェックしていきましょう。

【(1)リクルートスーツ】

まずはリクルートスーツを準備しましょう。色は黒か紺、無地のものが定番。値段の目安は30,000円~40,000円程度です。費用に余力があれば、洗い替え用に2着購入しておくことをおすすめします。

また、スーツの下に着用するワイシャツのほか、男性は靴下、女性はストッキングも必要です。ワイシャツは10,000円~15,000円が相場となります。こちらも洗い替え用に、3~4着ほど用意しておくと安心です。

【(2)靴、鞄】

スーツに合わせ、靴と鞄も準備します。鞄も靴も、スーツと同じく黒など落ち着いた色を選びしましょう。

靴は、男性の場合は革靴、女性の場合はパンプスが無難です。
鞄の大きさは、A4の書類を収納できるサイズが最適。また、企業説明会や面接では床に置くことも多いので、自立型のものだと便利です。値段の目安は、靴・パンプスが7,000円~15,000円、鞄が5,000円~12,000円程度となります。

【(3)証明写真】

履歴書やエントリーシートに貼る証明写真を撮影しておきましょう。駅構内などにある証明写真機などで撮影可能です。この場合、1回分(6枚程度)の撮影で700円~900円が相場となります。

このほか、写真スタジオでも証明写真を撮影してもらうことができます。値段は上がりますが、照明の調整や補正加工などができるため、仕上がりが綺麗です。

どちらで撮るにしても、20枚以上は用意しておくようにしましょう。写真のサイズは「縦:36~40mm、横:24~30mm」を推奨します。

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

WEB面接とは?カンペはNG?外国人留学生に向けて注意点を解説

近年、面接の手段として、WEB面接を取り入れる企業が増加しています。WEB面接は対面面接と比べて日本語が聞き取りづらく、コミュニケーションに苦労する外国人留学生が多いようです。このコラムでは、WEB面接の対策や注意点を紹介しています。また、WEB面接を受ける際の身だしなみのマナーも解説。参考にして、面接選考を通過しましょう! 目次 WEB面接とは WEB面接ではカンペを使って...

仕事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー