2022/07/22

日本の就職面接で外国人留学生がチェックされるポイントとは?質問例も紹介

「日本の面接の形式が分からない…」「面接ではどのような質問をされるの?」と、疑問に思う外国人留学生もいるでしょう。日本の面接には、「個人面接」「集団面接」「プレゼンテーション面接」「グループディスカッション」の4つの形式があります。このコラムでは、各面接形式の特徴や外国人留学生がよく聞かれる質問を紹介。面接官にチェックされるポイントもまとめているので、参考にして面接対策を行いましょう。

目次

  1. 外国人留学生必見!日本の面接の4つの形式
  2. 日本の就職面接ではまず自己紹介をする
  3. 日本の就職面接でチェックされるポイント
  4. 外国人留学生が面接でよく聞かれる質問と回答のコツ
  5. 外国人留学生が面接で受け答えする際の注意点
  6. まとめ

外国人留学生必見!日本の面接の4つの形式

日本の面接には、「個人面接」「集団面接」「プレゼンテーション面接」「グループディスカッション」の4つの形式があります。ここでは、それぞれの面接形式の特徴を紹介するので、就職試験を受ける際に役立ててください。

1.個人面接

個人面接は、学生1人に対して面接官1人もしくは複数人で行う形式です。面接官の視線が集中し緊張しやすいですが、その分印象を残しやすいといえます。また、ほかの学生と回答が被ったり周りの意見に左右されたりすることもありません。回答に掛けられる時間も集団面接より長い場合が多いため、自分の長所や強みをしっかりとアピールしやすいでしょう。

2.集団面接

集団面接は、学生複数人と面接官1人もしくは複数人で行われます。面接官が全員に同じ質問をして、学生が順番に答えていく形式です。集団面接では、ほかの学生の回答を聞く様子も評価の対象になるため、相手の話に耳を傾けることも忘れてはいけません。自分が答えることばかり考えて、ほかの学生の話を聞く姿勢がないと、面接官にマイナスの印象を与えてしまうので気をつけましょう。

また、集団面接は個人面接と比べて質問に答える時間が限られます。そのため、自分が伝えたい内容を簡潔にまとめるのがポイントです。

3.プレゼンテーション面接

プレゼンテーション面接は、学生1人が複数の面接官の前で、与えられた課題をもとに発表する形式です。課題の内容は事前に伝えられる場合と当日に伝えられる場合があります。与えられる課題は、「入社後に取り組みたいこと」や「自己PR」などさまざまです。事前によく出る課題の傾向を調べておくと良いでしょう。

プレゼンテーション面接でチェックされるのは、表現力や論理的な思考力です。与えられた課題に対して、説得力のある答えを分かりやすく伝えましょう。また、自信を持った表情や聞き取りやすい速さで話すことも重要です。

4.グループディスカッション

グループディスカッションでは、与えられた話題に対して学生複数人で議論を行います。面接官がチェックするのは、学生の協調性や積極性、集団のなかでの立ち回り方などです。発言が少なかったり周りの意見を聞かなかったりするのは好ましくありません。グループディスカッションでは、積極的に発言をしつつ全体の意見を上手にまとめられると、面接官に好印象を与えられるでしょう。

日本の就職面接ではまず自己紹介をする

日本の就職試験の面接では、まず自分自身のことを説明する自己紹介をします。自己紹介で伝える内容は、氏名・大学・学部・学科などです。外国人留学生の場合は、出身国も伝えましょう。ほかにも、日本で学んでいる内容や趣味、特技などを簡単に述べます。

自己紹介は、自己PRとは異なるため、「長所」や「強み」をアピールする時間ではありません。伝えたい内容を簡潔にまとめる能力もチェックされているので、1分程度で自己紹介できるように事前に練習しておきましょう。

日本の就職面接でチェックされるポイント

面接では人柄や個性、業務の適性などをチェックされます。ここでは、面接時に「何を見られているのか」「どのような質問をされるのか」を紹介するので、参考にしてください。

人柄や個性

人柄や個性は、面接でチェックされるポイントの一つです。面接官は学生の性格や強み、長所を知るために複数の質問をします。自分がどのような人間か知ってもらうために、素直に質問に答えることが大切です。外国人留学生は語学力をアピールしても良いでしょう。
 

【質問例】

  • 長所や短所をおっしゃってください。

  • 周りの人からどのような性格だと言われますか?

  • 日常生活の悩みはありますか?

  • 趣味や特技は何ですか?
     

特に、長所・短所は面接でよく質問されます。しっかりと答えられるように、事前に回答を考えておきましょう。

コミュニケーション能力

外国人留学生は、日本語でのコミュニケーションに問題がないかを面接で見られます。面接官に質問をされた際は、質問の意図に合った回答を簡潔にしましょう。なお、面接官の言葉に被せてしまったり長く話し過ぎたりするとコミュニケーション能力が低いと判断される可能性があります。適切なタイミングや長さで答えることが大切です。

コミュニケーション能力があるかは、主に以下のような質問でチェックされます。
 

【質問例】

  • 学校では、どのような人間関係を築いていますか?

  • 人とのコミュニケーションを円滑にするために、どのようなことに気をつけていますか?

  • 苦手な人と一緒に働くことになったらどうしますか?
     

質問に対して的外れな回答をしてしまうと、日本語が正しく理解できていないと判断される可能性があります。相手の話をよく聞き、落ち着いて回答するようにしましょう。

身だしなみや言葉遣い

身だしなみや言葉遣いも面接官が重視するポイントです。特に身だしなみは第一印象を左右します。日本の面接では、男女ともに無地のシンプルなスーツを着用するのが一般的です。髪型やメイクも清潔感を意識しましょう。

さらに、面接官に正しい言葉遣いで話すのも大切です。外国人留学生にとって、謙譲語や尊敬語などの敬語は簡単に身に付くものではありません。まずは、「ありがとうございます」「分かりました」「失礼します」などの基本的な敬語を使えるようになりましょう。

志望動機の具体性

面接でよく聞かれる志望動機では、入社意欲やその企業にマッチする人材かを見られます。答える際は、入社したいという熱意だけでなく、その企業を選んだ理由を具体的に伝えることが大切です。志望動機に関する質問には、以下のようなものがあります。
 

【質問例】

  • 弊社を志望した理由をお聞かせください

  • 弊社のどのようなところに魅力を感じていますか?

  • 入社後、どのような仕事がしたいですか?
     

面接官は採用後のイメージを膨らませるために、入社後の目標も質問します。興味がある業務や挑戦したいことを伝えましょう。

業務内容の向き不向き

面接官は、学生に業務の適性があるのかもチェックしています。そのため、自分の強みや長所のほか、大学で学んだ内容を業務にどのように活かせるのかを具体的に伝えましょう。外国人留学生の場合、業務に関連した言語の能力や母国での経験をアピールするのもおすすめです。
 

【質問例】

  • あなたの長所や強みはどのように業務に活かせそうですか?

  • 希望する業務に就いたら、まず何をしたいですか?

  • あなたの学んできた内容を活かした弊社の事業改善案をお話しください
     

志望する企業の業務内容をよく理解したうえで、自分の長所や強み、学んできた内容と関連付けて答えられるようにしましょう。

外国人留学生が面接でよく聞かれる質問と回答のコツ

外国人留学生は、面接で「来日理由や日本の印象」「日本で就職したい理由」「日本で苦労した経験」などについてよく聞かれます。ここでは、質問例を紹介するので面接対策に役立ててください。

来日理由や日本の印象などについて

面接官は外国人留学生の来日の目的や日本に持っている印象を知るために、以上のような質問をします。
 

【質問例】

  • 日本に留学した目的を教えてください

  • 日本のどのようなところが好きですか?

  • 日本の印象について、来日前とあとで変わった点があったら教えてください
     

外国人留学生の中には、「日本語が話せるようになりたくて留学した」「日本の文化が好き」といった回答を考える人も多いでしょう。しかし、ほかの人と同じ回答では印象に残りません。自分の言葉で理由を言えると、プラスの評価に繋がるでしょう。

日本で就職したい理由

面接官は、日本で就職したい理由や何年ぐらい働く予定かもよく聞きます。これらの質問をすることで、外国人留学生が長期的に日本で働けるかを判断しているのです。
 

【質問例】

  • なぜ日本の企業に就職したいのですか?

  • 日本で何年くらい働く予定ですか?
     

これらの質問に、漠然と「日本が好きだから」「できるだけ長く働きたい」と答えるのは、適切ではありません。なぜなら、日本で就職したいことを強くアピールできないからです。面接官の印象に残るためには、日本でどのようなキャリアを積もうと思っているかを具体的に答えましょう。

日本で苦労した経験

面接官は、日本で苦労した経験や課題と、その状況をどう乗り越えたかについてもよく質問します。なぜなら、外国人留学生は、言語やコミュニケーション方法の違いで、入社後も同様の悩みを抱える可能性があるためです。悩みや課題に直面した際にどのように解決するのか、また問題解決能力があるのかを見極めるために、以下のような質問を行います。
 

【質問例】

  • 日本に来て一番困ったことは何ですか?また、どのように解決しましたか?

  • 日本の文化で馴染めないものはありますか?その文化に慣れるため、どのような工夫をしましたか?
     

答える際は、苦労した体験や困難な状況をどのように乗り越えたのかを具体的に伝えるようにしましょう。

時事問題

面接では、最新情報を収集する能力や常識的な知識があるかどうかを確認するために、下記のような時事問題を出す場合があります。
 

【質問例】

  • 日本の外国人労働者の受け入れ状況についてどう思いますか?

  • 日本政府の方針をどう思いますか?

  • △△のニュースについてどのように考えますか?
     

外国人留学生ならではの視点を期待されるような質問もされるでしょう。日頃からニュースや新聞で情報を集めて、自分の考えをまとめておくのがおすすめです。

そのほか、面接でよく聞かれる質問と回答例は、「外国人が就活でよく聞かれる質問と回答例を紹介!面接時のマナーも解説!」や「外国人留学生必見!アルバイト面接でよくある質問を紹介」のコラムで確認できます。面接前にチェックしておきましょう。

外国人留学生が面接で受け答えする際の注意点

面接を受ける際には、「曖昧な回答をしない」「砕けた言葉を避ける」「自分の話ばかりしない」などの注意点があります。外国人留学生が面接を受ける際に、特に抱えやすい問題も紹介しているので、チェックしてください。

曖昧な回答をしない

面接では、曖昧な回答は避けてはっきりと自分の意見を伝えるのが重要です。面接で聞かれる内容によっては、質問の意味が分からずに答えに迷うこともあります。また、面接官の日本語が、外国人留学生にとって聞き取りにくいこともあるでしょう。

もし、質問が聞き取れなかったり意味を理解できなかったりした場合は、聞き返しても問題ありません。その場合は、「△△という意味で間違いないでしょうか」や「もう一度お伺いしてもよろしいでしょうか」と言います。早く質問に答えようとして、曖昧だったり的外れな回答をしたりしないように気をつけましょう。

砕けた言葉は避ける

面接では砕けた言葉を使わずに敬語で会話します。砕けた言葉とは、「わかんない」「超」「どっか」などのカジュアルな表現です。これらの言葉は、面接では「分かりません」「とても」「どこか」に言い換える必要があります。外国人留学生は、日本語での日常会話には困らない人も多いでしょう。しかし、ビジネスシーンで通用する敬語は、簡単に身に付くものではありません。日ごろから砕けた言葉と敬語の違いを意識してみましょう。

自分の話ばかりしない

面接では、相手の話を聞かずに自分をアピールし続けるのは避けましょう。特にグループディスカッションでよくあるのが、自分の意見だけを通そうとする行為です。自分の話ばかりすると、協調性がなく業務を円滑に進められないと判断される可能性が高くなります。外国人留学生は、日本の面接では協調性もチェックされているということを、覚えておきましょう。

まとめ

日本の面接の形式は、「個人面接」「集団面接」「プレゼンテーション面接」「グループディスカッション」の4つです。形式ごとに特徴があるため、自分が受ける面接に沿った準備をしましょう。

なお、どの面接形式でも「人柄や個性」「コミュニケーション能力」「身だしなみや言葉遣い」などがチェックされるのは共通です。また、「個人面接」「集団面接」の場合、外国人留学生は日本に留学した目的や日本企業に就職したい理由などをよく聞かれます。これらの質問にはっきりと敬語で答えることが、面接官に良い印象を与えるポイントです。

面接官にチェックされるポイントを知り、自信を持って就職活動に臨みましょう。

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

日本の企業文化の特徴を理解しよう!【外国人向け】

日本企業はどのような雰囲気なのか、気になる方もいるでしょう。海外企業と日本企業とでは、働き方や仕事に対する考え方に違いがあります。それぞれの違いを理解することで、一気に働きやすくなるはずです。 このコラムでは、日本の企業文化の特徴を海外との違いをあわせて紹介します。内容を参考にして、日本就職に向けての心の準備を始めましょう。 目次 企業文化とは何のこと? 日本の企業文化の特...

仕事 仕事マナー

日本企業の面接の特徴は?外国人がよくされる質問も紹介

日本企業への就職を目指す人のほとんどは採用面接を受けます。しかし、どのようなことを質問されるのか、詳しく分からない人もいるでしょう。外国人留学生の場合は、日本に来た理由や来日して感じた母国の文化・慣習とのギャップを聞かれることが多いようです。 このコラムでは、日本の採用面接の特徴やよくされる質問を紹介します。内容を参考にして、希望する企業の内定を得ましょう。 目次 日本の採用面...

仕事 面接

日本の転職サイトの使い方を外国人に向けて紹介!使用時のポイントとは?

転職サイトを利用して仕事探しを始めようとしている人も多いでしょう。転職サイトはスマートフォンで登録できるうえ、ほとんどは無料で利用できるので非常に手軽な転職ツールといえます。昨今では、外国人専用の転職サイトも登場し始めました。 このコラムでは、外国人に向けて転職サイトの種類や上手な使い方を紹介します。内容を参考にして、日本での転職を成功させましょう。 目次 転職サイトの種類...

仕事 転職活動

さまざまな種類の日本の就労ビザを紹介

日本でキャリアをスタートさせるための最初のステップは、単に仕事を得るだけでなく、就労ビザを取得し日本で働く許可を得ることです。この記事では、日本の就労ビザの種類、それぞれのビザに該当する職種、およびビザの滞在可能期間をご紹介します。 目次 日本の就労ビザの種類 非就労ビザの就労許可について ビザは在留資格と同じ? まとめ 日本の就労ビザの種類 ...

仕事 在留資格

日本で働く外国人が多い職業って?ランキング形式で紹介!

日本で働きたい外国人に向け、外国人が多い職業をランキング形式で紹介します。外国人が多い職業は、製造業やサービス業、小売業、飲食業などです。基本的に、日本語をあまり使わない仕事や外国人顧客を相手にする機会のある仕事が人気になる傾向があります。各業種の解説をしているので、コラムを読んで自分に合った業界を探してみましょう。 目次 日本で働く外国人が多い職業ランキング 外国人に人気の...

仕事 就職活動

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー