2020/03/24

外国人の就職活動に適した基本の身だしなみ講座

日本の就職活動で意識しなくてはいけないのが、清潔な身だしなみです。
それでは、面接官は、身だしなみのどのような部分を見ているのでしょうか。
本記事では、男女別の身だしなみのポイントをご紹介いたします。

日本の就職活動では身だしなみが重要!

日本での面接では、身だしなみがとても重要です。それは、第一印象が選考の判断材料となるからです。

面接官も一人の人間です。

一般的に、人は、印象が良いと感じた人と積極的に関わろうとする傾向があります。面接官も、好印象を受けた人間を採用したいと考えると推測できるでしょう。
日本は、今後のポテンシャルを見越した「人柄」採用が多い傾向にあります。
人柄の印象は、その人の見た目や話し方で決まってしまうので、清潔な見た目を心がけておいて損はないでしょう。

それでは、就活での失敗しない身だしなみのマナーを、男女別にみていきましょう。

身だしなみポイント:男性編

男性の場合は、髪型や髭の有無でぐっと印象が変わります。
自分の好みではなく、「清潔感があり好印象か」を意識して身だしなみを整えましょう。

【スーツ】

基本的にはリクルートスーツを着用します。
丈や肩幅などが合うものを選びましょう。
色は黒や紺など、落ち着いた印象を与えられるダークカラーをおすすめします。
ジャケットのボタンは、男性の場合は一番下を外しておくのがマナーです。
また、清潔感を与えるため、シワのないようスーツにはしっかりアイロンをかけてください。

【シャツ】

爽やかな印象になるため、白のシャツを着用すると良いでしょう。
シャツもアイロンがけを入念におこない、襟や首元に黄ばみや汚れがないように注意してください。

【ネクタイ】

ネクタイの色や柄は、派手でない落ち着いたものを選びましょう。
また、黒の無地は、葬式を連想させてしまう可能性があるので、なるべく控えてください。
ネクタイの長さにも気を配りましょう。長すぎず、短すぎず、最良はベルトの金具部分が隠れるくらいです。

【靴下】

靴下も落ち着いた色を選び、基本的にはスーツの色合いと合わせるのが良いでしょう。
派手な色のものを選んだり、素足に靴を履いたりするのは控えてください。
あくまで面接官に誠実な人物だと思ってもらえるように、常識の範囲での装いを、足元にも抜け目なく心がけましょう。

【靴】

黒の革靴を履くのが一般的でしょう。
靴の汚れは意外と目立ちます。「細かい部分まで行き届く人間である」とアピールするためにも、綺麗に磨いておきましょう。

【かばん】

企業からパンフレットや資料を渡されることがあるため、A4サイズの書類が入るかばんを持ちましょう。
かばんの色は、スーツやネクタイと合わせ、落ち着いたものを選びます。

【ヒゲ】

日本のビジネスシーンでは、ヒゲは生やさないのが基本です。宗教や文化などの理由がない場合は、きれいに剃っておくことをおすすめします。
また、ヒゲを剃る場合は、剃り残しがないように、しっかりチェックしましょう。

【メガネ】

縁に派手な色が付いていたり、奇抜なデザインをしていたりしなければ、メガネをかけていくことは問題ありません。
ただ、レンズが曇っていないか確認し、面接前にきちんと拭いておきましょう。

【香水】

香水の匂いは、たとえ自分では良い匂いだと思っていても、相手にとっては不快に匂いだという可能性があります。ですから、なるべくつけていかない方が良いでしょう。
どうしても自分の汗の匂いが気になってしまう方は、家を出る前にしっかり制汗剤をつけてにおい対策をしておくと良いです。

身だしなみポイント:女性編

女性の場合、メイクやファッションなど、自分のこだわりが強い方も多いと思われますが、あくまでビジネスシーンであることを意識し、節度のある装いを心がけましょう。

【スーツ】

面接ではリクルートスーツを着用するのが無難です。
自分のサイズに合ったものを選びましょう。色は、黒や紺、灰色など落ち着いたものが一般的です。
ジャケットのボタンは、女性の場合は全て留めておくのがマナーですので気をつけましょう。

【シャツ・ブラウス】

就活には白系のシャツが一番オーソドックスで、無難です。
ブラウスでもかまいませんが、色付きのものはなるべく控えましょう。

【スカート・パンツ】

タイトスカートの着用が一般的ですが、パンツでもかまいません。
ただ、企業によってはパンツスタイルを推奨していない場合もあるので、事前に調べておきましょう。
スカートは短すぎないものを選び、立った際に膝上5cmより短いものは、控えることをおすすめします。

【ストッキング】

基本的には肌色のストッキングを履きましょう。
黒いストッキングやカラータイツは控えてください。
また、ストッキングはふとした拍子に伝線しやすいので、念の為ストックを常備しておきましょう。

【靴】

黒のパンプスが無難です。ヒールは3~5cmのものを選びましょう。
ミュールやサンダル、ハイヒールは控えてください。

【アクセサリー】

ネックレスやピアス、指輪などのアクセサリーの着用は控えましょう。
アクセサリーは、基本的には自分を着飾るためのものであり、おしゃれを必要としないビジネスシーンには適していないからです。

【かばん】

男性の場合と同様、企業からパンフレットや資料を渡されることがあるため、A4サイズの書類が入るかばんを持ちましょう。
かばんの色は、スーツやネクタイと合わせ、落ち着いたものを選び、ショルダーバックやリュックなどは避けましょう。

【髪型】

髪型は、清潔感のあるシンプルなスタイルを心がけます。
ロングヘアの方は後ろでまとめ、ショートヘアの方はサイドの髪を耳にかけるなど、工夫しましょう。
なるべく黒に近い髪色が無難です。好印象を与える髪型であるかどうか念頭に置いてセットしましょう。

【メイク】

就活のメイクに関しては、アパレルや航空会社だと、しっかりしたメイクが好まれる傾向にありますが、金融系や事務職だとナチュラルなメイクが好まれる場合が多いです。
業種に適したメイクを研究しておきましょう。
ただ、どの業種の場合でも、あまりにも不自然なファンデーションの色や、きつすぎる眉の形など、奇抜な印象になっていないか、注意しましょう。

【マニキュア】

マニキュアは付けないのが無難ですが、付ける場合は派手な色は避け、なるべく透明なものを選びましょう。
また、清潔な印象を与えるため、爪はかならず短く切りそろえておいてください。

【メガネ】

メガネも男性と同様です。
縁の色が派手なものや、奇抜なデザインは避けましょう。
それ以外であれば、メガネをかけること自体は全く問題ありません。

【香水】

女性の方は、普段香水をつけている方もいるでしょう。
しかし、日本のビジネスシーンに適した振る舞いを考えると、香水はつけない方が無難です。


以上、就活における身だしなみのポイントを説明していきました。
就活の面接は、自分を売り込む立派なビジネスシーンだと考えてください。
着飾るためのファッションでなく、仕事のためのファッションを意識して面接に挑みましょう!

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

日本で外資系企業の就活を成功させるには?外国人留学生向けに解説!

日本で外資系企業への就職を考えている外国人留学生の中には、興味はあるけれど、就活をどのように進めれば良いかわからないという人もいるでしょう。就活を成功させるには、日本独自の就活スケジュールに注意する必要がありますし、インターンシップへの参加も重要です。このコラムでは、外資系企業の特徴を紹介しているので、参考にしてみてください。 目次 日本における外資系企業とは 外資系企業を志...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー