2020/06/08

外国人留学生が長期休暇中にアルバイトをするには?

日本で活動している外国人留学生にとって、アルバイトは金銭面だけでなく、社会勉強という面でも有意義です。
特に学校の長期休暇中は、アルバイトをするのに有効といえるでしょう。
しかし、日本でアルバイトをするには欠かせない事前の手続きや守らなければいけないルールがあります。
アルバイトを始める前に、どのような準備をすべきか知っておきましょう。

◆外国人留学生のアルバイトには資格外活動の許可が必要

外国人留学生が日本でアルバイトをするには、資格外活動の許可を取らなければなりません。

資格外活動の許可の手続きは、日本国政府法務省の管轄である出入国在留管理局で行います。
出入国在留管理局は全国に出張所があるので、自宅の最寄りの出張所で手続きすることもできます。資格外活動の許可を取得できる条件は以下の通りです。

・留学中の本来の活動(勉学、研究など)に支障が生じないこと
・資格外活動の内容が適切であること

資格外活動許可申請書に必要事項を記入し、在留カードや身分証明書などの書類とともに窓口に提出します。
この手続きに手数料はかかりません。
書類の提出から資格外活動が許可されるまで約2周間~2ヶ月ほどの期間を要するので、なるべく早めに手続きを行いましょう。

◆外国人留学生がアルバイトで働く際のルール

資格外活動の許可が下りても、外国人留学生のアルバイトには時間や業種に制限があります。
ルールを破ってしまうと将来に影響が出るので、きちんと知っておきましょう。

【働ける時間】

外国人留学生が日本でアルバイトする場合、労働可能な時間は週28時間までと決まっています。
学校で定められた長期休暇中のみ、1日8時間、週40時間までアルバイトすることが可能です
学校には、大学院、大学、短大、高等専門学校、専門学校、日本語学校が含まれます。
週28時間には残業時間も含まれるので、気をつけましょう。
また、アルバイトを2つ以上掛け持ちしている場合は、全ての就業先を合わせて週28時間となります。
1つの就業先につき週28時間以内なら働いていいというわけではないので、その点にも注意してアルバイトをしましょう。
長期休暇中の場合も同様で、残業、すべての就業先を含めて週40時間以内となります。
ただし、時間帯に制限はないため、限度内の労働時間で、なおかつ18歳以上であれば夜間帯のアルバイトも可能です。

【働けない業種】

外国人留学生は、日本が定めている「風俗営業等の規則及び業務の適正化に関する法律」(風営法)の第二条第一項にある「風俗営業」に該当する業種で働くことはできません。
風俗営業に分類される主な業種は、下記のとおりです。

・性風俗店
・キャバクラ
・ホストクラブ
・スナック
・パチンコ店
・麻雀店
・ゲームセンター
・照度10ルクス以下の飲食店(バーなど)

これらの施設では、接客だけでなくキッチンや掃除、ティッシュ配りなどの業務もすべて禁止です。
「知らずにルールを破ってしまった…」ということにならないよう、アルバイトする職場のことは事前にきちんと確認しておきましょう。

◆ルールを破った時のペナルティ

ルールを破ってアルバイトをした場合、留学生本人、雇用主共にペナルティが科せられます。

【本人側】

ルールを守らずにアルバイトをした場合、不法就労活動と見なされ、退去強制で自国に帰されることもあります。
また、ビザを更新したい場合も許可が下りない可能性があります。
一度退去強制になってしまうと、それから5年間は日本に入国することができないので、要注意です。

【雇用主側】

雇用種側がルールを破った状態で外国人留学生を働かせた場合は、「不法就労助長罪」という罪に問われ、懲役3年以下、あるいは300万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。

不法就労と見なされてしまうのは、留学生本人と雇用主双方にとって不幸な結果となります。
「知らなかった」では済まされないので、日本でアルバイトをする上でのルールをしっかり頭に入れておきましょう。

◆外国人留学生におすすめのアルバイト

日本のルールを把握できたら、いよいよアルバイト探しです。
外国人留学生におすすめのアルバイトをいくつか挙げているので、参考にしてください。

【コンビニ】

コンビニは、外国人留学生のアルバイトの定番といってもいいでしょう。
比較的覚えやすい作業が多く、日本語のやり取りも簡単なため、日本でのアルバイトが初めての方に最適です。
何か業務中にわからないことや困ったことがあった場合は、先輩スタッフに遠慮なく相談しましょう。
勤務はシフト制で融通が利きやすいので、自分の好きな時間や曜日に働けるのも魅力の1つです。

【飲食店】

レストランやカフェ、ファミレスなどの飲食店は、ある程度日本語でのやり取りが求められます。
日本の接客マナーを身につけたい、日常会話レベルの日本語を修得したいという外国人留学生におすすめです。
また、和食系の飲食店は着物を制服にしている所もあるため、仕事を通じて日本の文化を体感することができます。

【軽作業】

アルバイトをしたいけれど、日本語のコミュニケーションが不安…という場合は、工場や倉庫内で行う軽作業がおすすめ。
接客はなく、必要最低限のやり取りができれば問題はありません。
また、業務も単純作業のものが多く、すぐに覚えられるでしょう。

【ホテル】

日本語のやり取りに自信がある方は、ホテルでのアルバイトもいいでしょう。
高い日本語のスキルや日本式のおもてなしなど、ハイレベルなコミュニケーション能力を身につけられます。
また、外国人観光客が宿泊に来る場合もあるため、母国語を活かすこともできるでしょう。

ルールの範囲内で自分に合ったアルバイトを見つけ、有意義な留学生活を送りましょう。

監修:濵川恭一 
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

日本で外資系企業の就活を成功させるには?外国人留学生向けに解説!

日本で外資系企業への就職を考えている外国人留学生の中には、興味はあるけれど、就活をどのように進めれば良いかわからないという人もいるでしょう。就活を成功させるには、日本独自の就活スケジュールに注意する必要がありますし、インターンシップへの参加も重要です。このコラムでは、外資系企業の特徴を紹介しているので、参考にしてみてください。 目次 日本における外資系企業とは 外資系企業を志...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー