外国人留学生は長期休暇中もアルバイトできる?制限や罰則について解説

WeXpats
2021/11/30

長期休暇中にアルバイトを行いたい外国人留学生のなかには、「労働時間の制限が分からない」「働けない職種はあるの?」と思う人もいるでしょう。外国人留学生は長期休暇中であれば、1日8時間、週40時間のアルバイトが可能です。このコラムでは、労働時間や業種の制限について解説します。就労する前に必要な手続きも紹介しているので、参考のうえ不安を解消してアルバイトを始めましょう。

目次

  1. 長期休暇中は週40時間までアルバイトが可能
  2. 外国人留学生のアルバイトには資格外活動許可が必要
  3. 外国人留学生がアルバイトする際のルール
  4. 外国人留学生におすすめのアルバイト
  5. まとめ

長期休暇中は週40時間までアルバイトが可能

長期休暇中は週40時間までアルバイトが可能の画像

本来、外国人留学生がアルバイトできるのは週28時間です。しかし、学校が定めた長期休暇中であれば、1日8時間、週40時間のアルバイトが可能です。ただし、休講や連休などの長期休暇ではない休みにはこのルールは適用されません。なお、アルバイトを複数掛け持ちしている場合や残業を行う場合は、すべての合計時間を週40時間に収める必要があります。長期休暇中であっても、労働時間の制限を超えて働くことはできないので注意しましょう。

長期休暇中のアルバイトを検討している方には、「外国人留学生のアルバイトは夏休み中「週40時間」まで可能!」や「外国人留学生は長期休みもアルバイトできる?時間制限がある理由も解説」のコラムもおすすめです。

外国人留学生のアルバイトには資格外活動許可が必要

外国人留学生のアルバイトには資格外活動許可が必要の画像

外国人留学生はアルバイトを始める前に、「資格外活動許可」を得る必要があります。外国人留学生が持つ「留学」の在留資格では、就労が認められていません。そのため、住居地を管轄する地方出入国在留管理局へ行き「資格外活動許可」の申請を行います。外国人留学生が「資格外活動許可」を得る条件は、「アルバイトが学業に影響しないこと」や「資格外活動の内容が適切であること」です。

なお、「資格外活動許可」の申請に必要な書類は、以下のとおりです。
 

・資格外活動許可申請書

・申請に係る活動の内容を明らかにする書類

・在留カード

・パスポートもしくは在留資格証明書(提示できない場合はその理由を記載した理由書)

・身分を証する文書等の提示(申請取次者が申請を提出する場合)
 

申請後、許可が下りるまでには2週間から2ヶ月程度掛かります。アルバイトを始める前に余裕を持って申請しましょう。

参照元
出入国在留管理庁「資格外活動許可申請

外国人留学生がアルバイトする際のルール

外国人留学生がアルバイトする際のルールの画像

外国人留学生は日本でアルバイトを行ううえで、就労時間や業種に制限があります。ここでは、アルバイトをする際の決まりを解説するので、参考にしてください。

アルバイトは原則週28時間まで

長期休暇中以外にアルバイトが認められているのは週28時間です。外国人留学生は、どの曜日から数えても週28時間になるようにシフトの希望を出さなくてはなりません。少しでも労働時間の制限を超えると資格外活動許可違反となるため、注意が必要です。なお、長期休暇中ではない場合も、複数のアルバイトの掛け持ちをしたり残業を行ったりするときは、その合計時間が労働時間の制限を超えないように調節します。

風俗営業に該当するアルバイトはできない

外国人留学生は、風俗営業に該当するアルバイトを禁止されています。具体的には、キャバクラやホストクラブ、スナック、パチンコ店、麻雀店、ゲームセンターなどです。これらの場所では、チラシ配りや掃除などの業務であっても働けません。外国人留学生はアルバイトを始める前に、禁止されている職種ではないかを確認しましょう。

アルバイトの規則について詳しく知りたい方は、「外国人留学生のアルバイトには時間制限がある!上限を超えた場合の罰則とは」のコラムも参考にしてみてください。

アルバイトの制限を守らないと罰則がある

アルバイトの制限を守らないと罰則があるの画像

アルバイトの労働時間や業種の制限を守らずに働くと、外国人留学生と雇用主の両方に罰則が与えられます。ここでは、どのような罰則があるのかを解説するので、参考にして正しい知識を身に付けましょう。

外国人留学生が受ける罰則

外国人留学生が労働時間や業種に違反してアルバイトを行った場合は、「不法就労」と判断されます。その結果、在留資格の更新や変更ができなかったり、「退去強制」を命じられたりするのです。「退去強制」が原因で帰国した外国人留学生は、日本に5年間再入国できません。そのため、留学が継続できなくなります。

雇用主が受ける罰則

外国人留学生が「不法就労」と判断された場合、雇用主は「不法就労助長罪」の罪に問われます。雇用主が「不法就労」に気が付いていなくても、3年以下の懲役または300円以下の罰金、もしくはその両方が科せられるのです。不法就労と見なされてしまうのは、留学生本人と雇用主双方にとって不幸な結果になります。「知らなかった」では済まされないので、日本でアルバイトをするうえでのルールをしっかり頭に入れておきましょう。

外国人留学生におすすめのアルバイト

外国人留学生におすすめのアルバイトの画像

外国人留学生には、語学力を活かせる翻訳や通訳、ホテルでのアルバイトが人気です。ここでは、外国人留学生におすすめのアルバイトを紹介します。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは、外国人留学生に人気のアルバイトの一つです。コンビニエンスストアは24時間営業をしているところが多く、好きな時間にシフトを入れられる点が人気の理由といえます。また、夜勤の時間帯の時給が高いのも外国人留学生にとって嬉しいポイントでしょう。ただし、コンビニエンスストアのアルバイトは、レジ業務や各種サービスの説明など応用的な日本語能力を必要とされる場面が多くあります。そのため、ある程度日本語能力に自信がある人におすすめです。

飲食店

飲食店のアルバイトには、カフェやレストラン、居酒屋などがあります。お客様とコミュニケーションを取る機会が多いため、日本の接客マナーや日常会話レベルの日本語能力が身に付くでしょう。また、和食を中心とした飲食店では、着物を制服にしているところもあります。普段は着ないような服装を着れたり、日本の文化を学べたりするのでおすすめです。さらに、従業員の人数が多い飲食店であれば、同年代の友人ができる可能性もあります。外国人留学生は日本でのアルバイトに不安を抱えてしまいがちですが、アルバイト先で友人ができると楽しく働けるでしょう。

ホテル

高い日本語能力がある外国人留学生は、ホテルでのアルバイトもおすすめです。ホテルのアルバイトでは、より質の高い接客や日本語スキルを学べます。また、日本人だけではなく外国人のお客様も訪れるため、母国語を活かしながら働けるでしょう。なお、ホテルでアルバイトをした経験があると、就職活動の際に日本語能力や接客スキルをアピールできます。

軽作業

軽作業とは、工場や倉庫で行う単純作業のことです。接客がないため、日本語能力に自信がない外国人留学生でも挑戦しやすいアルバイトといえます。ただし、重い荷物を運んだり立ち仕事が多かったりするので、体力に自信がある人におすすめです。

通訳・翻訳

通訳・翻訳は、外国人留学生の語学力を活かせる人気のアルバイトです。人になにかを教えるのが好きな人に向いています。授業の流れを考えたり教材を準備したりと仕事量は多いですが、その分、自分の指導で生徒の語学力が向上したときは、やりがいを感じられるでしょう。また、外国人教師が多く在籍しているため、さまざまな国籍の友人ができる可能性もあります。

まとめ

まとめの画像

外国人留学生は夏休みや冬休みなどの長期休暇中であれば、1日8時間、週40時間のアルバイトが可能です。この労働時間の制限を超えて働くと、外国人と雇用主に罰則が与えられます。また、外国人留学生はアルバイトできる仕事にも制限があるので、ルールを理解したうえで働きましょう。

ライター

WeXpats
生活・仕事・留学に関するお役立ち情報から、日本のディープな魅力を紹介するコラムまで、バラエティ豊かな記事をお届けします。

Special Features 特集

Top Articles 人気記事

Our Social Media ソーシャルメディア

日本の最新情報を9言語で定期更新しています。

  • English
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • မြန်မာဘာသာစကား
  • Bahasa Indonesia
  • 中文 (繁體)
  • Español
  • Português
  • ภาษาไทย
TOP/ 日本で仕事する/ アルバイト/ 外国人留学生は長期休暇中もアルバイトできる?制限や罰則について解説

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー