相談外国人国籍数日本一、『ビザ衛門』国際行政書士事務所とは?

2020年10月23日
WeXpats (執筆)
WeXpats専属ライター。WeXpatsは日本で夢を叶えたい外国人を応援する多言語対応ポータルサイトを運営しています。 https://we-xpats.com/ja/destination/as/jp/

今回はWeXpats Bizが国際業務を専門にご担当している行政書士事務所にインタビューをしました。外国人のビザ(在留資格)に関する相談をしたい方は是非ご相談ください。

入管業務を専門とする『ビザ衛門』国際行政書士事務所

『ビザ衛門』国際行政書士事務所は、外国人のビザ(在留資格)取得のサポートをメインにしている行政書士事務所です。電話やメールでの相談は無料で、その他相談料については、家族割引や学生割引があります。

事務所名

『ビザ衛⾨』国際⾏政書⼠事務所

代表者

丹⽻秀男

住所

東京都渋⾕区道⽞坂2-18-11 サンモール道⽞坂215

連絡先(電話番号)

03-5809-0084 

連絡先(Fax番号)

03-6379-2081 

メールアドレス

visaemon@gmail.com 

ホームページ

http://www.visaemon.jp/ 

『ビザ衛門』国際行政書士事務所はどんな行政書士事務所ですか?

渋⾕で外国⼈ビザ申請を専⾨に⾏っている「ビザ衛⾨」国際⾏政書⼠事務所の丹⽻秀男です。 当事務所では、就労ビザ、結婚ビザ、留学ビザ、永住権、帰化と幅広く対応しています。 対応する外国人の国籍は多い順で、中国、ネパール、ベトナム、フィリピン、ロシア、アメリカ、韓国です。 これまで10,000件以上の許可実績があります。 2019年4⽉よりスタートした「特定技能」にも、いち早く対応しています。「登録⽀援機関」にも登録し (19登東労三ー000218)、外⾷、建設、農業、介護等75件の許可実績があります。 

具体的にはどのような業務をしていますか?

「ビザ衛⾨」国際⾏政書⼠事務所での外国⼈のビザ取得件数は年間約400件を超えます。⾝分系(結婚・離婚)ビザの限界事案の許可件数も業界トップクラスで、留学⽣の留年、退学、28時間オーバーに対するリカバリーにも強いです。

特定技能ビザ取得も年間75件以上(外⾷の特定技能ビザ取得数は業界最⼤⼿)であり、⼤⼿企業の顧問を担当した実績もあります。他⾏政書⼠事務所で断られた難しい案件の許可実績も多数あります。全国9時〜19時に対応しています。

業務上一番大切にしていることは何でしょうか?

「ビザ衛⾨」国際⾏政書⼠事務所は、⼊管業務に特化して12年で、その分野に精通しています。 相談者国籍数は136ケ国で⽇本⼀かと思われます。法律改正に伴う新しい事例や困難な事案にも、判例及び審査要領等を読み解き、更に新しい許可事案を作るべく努⼒し ております。 ⾏政書⼠としての実⼒、知⾒には⾃信があります。

今後の指針をお聞かせください。

⾏政書⼠の勉強会「ビザ衛⾨塾」を主宰しており、後輩⾏政書⼠の教育に⼒を⼊れていきたいと思っております。 2020年10⽉2⽇にNPO法⼈外国⼈在留⽀援コンソーシアム(https://www.gaikokujinshien.com/)が設⽴され、理事に就任しました。 現在、50社以上の登録⽀援機関が会員となっており、外国⼈⼈材を応援している企業、⽇本語学校、 協同組合、社会保険労務⼠、⾏政書⼠等が参加しています。引き続き、外国⼈関連業務の専⾨⾏政書⼠として、業界の発展に寄与したく頑張っていきます。