在留カードの番号の意味とは?外国人を雇用する企業に向けて解説

2021年11月12日
WeXpats Bizは技能実習/特定技能の外国人採用・雇用支援サービスを提供しているLeverages Global Supportの関連サイトです。行政書士監修の下、外国人採用の現場で役立つ情報を発信しています。
濵川恭一 (監修)
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

在留カードの番号の意味を知りたい企業の方もいるでしょう。在留カードに記載されている番号は、在留期限が切れていないかどうかを確認するためのものです。このコラムでは、企業が外国人を雇用する際に在留カードの番号を確認する理由や注意点を紹介。在留カードの更新や変更手続きの方法も解説しているので、外国人雇用に役立ててください。

目次

  1. 在留カードとは?
  2. 在留カードの番号の意味を解説!
  3. 外国人雇用の際に在留カードの番号を確認する意味
  4. 在留カードの変更・更新手続き方法
  5. まとめ

在留カードとは?

在留カードは、外国人が日本に3カ月以上在留する際に必要なものです。ここでは、在留カードの目的や記載されている内容を紹介します。

日本に中長期間在留する外国人に交付されるもの

在留カードは、日本に3カ月以上の中長期間在留をする外国人に交付されます。交付の対象となる人は、日本人と結婚している人や日本の企業に勤めている人、留学生、技能実習生、永住者などです。なお、在留カードには有効期限があるため必ず更新手続きをする必要があります。有効期限は、取得している在留資格や日本で行う活動によって異なりますが、永住者の場合は交付日から7年間です。

在留カードの目的

在留カードには、在留資格と在留期間をもって、外国人が日本に中長期間在留できることを証明する「証明書」の役割があります。さらに、パスポートに代わり各種許可を得るための「許可書」として使用することも可能です。
在留カードについては、「在留カード用の写真のサイズや背景の色は?外国人を雇用する企業に向け解説」でも詳しく紹介しています。ぜひ、参考にして在留カードの申請をスムーズに進めましょう。

記載されている内容

在留カードには、下記の内容が記載されています。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍もしくは地域
  • 日本での住居地
  • 在留資格
  • 在留期間
  • 在留期限
  • 就労の可否

在留カードには、上記の内容のほかに番号が記載されています。番号の意味については、下記で詳しく解説するので参考にしてください。

参照元
出入国在留管理庁
在留カードとは?

在留カードの番号の意味を解説!

在留カードに記載されている番号で、有効期限が切れていないかどうかを確認するのが可能です。在留カードの番号(英数字8桁)と有効期限を、出入国在留管理庁のWebサイトの「在留カード等番号失効情報照会」のページに入力し検索すると確認できます。ただし、なかには在留カードを偽造している外国人もいるため、在留カードの番号だけを確認して安心しないようにしましょう。在留カードの番号の検索をする際は、あくまでも確認する方法のひとつと考えるのが大切です。

外国人雇用の際に在留カードの番号を確認する意味

企業が外国人を雇用する際は、在留カードが有効であることを番号で確認する必要があります。雇用する外国人が在留カードを持っていても、在留期限が切れている場合は雇えません。もし、在留期限が切れている外国人を雇用した場合は「不法就労助長罪」に問われ、3年の懲役か300万円の罰金、またはその両方が科せられる可能性があります。そのような事態を防ぐために、外国人が保持している在留カードの番号で確認を行うのが重要です。なお、番号で検索をする前に、必ず在留カードに記載されている在留資格や在留期間も確認しましょう。

在留カードの変更・更新手続き方法

在留カードに記載している内容に変更が生じた場合や、在留期間を更新する必要がある場合は、住居地を管轄する地方出入国在留管理官署で申請を行わなければなりません。ここでは、在留カードの変更・更新手続きについて詳しく解説します。

企業が手続きを行うことも可能

在留カードの変更や更新手続きは、申請取次の資格を持っていれば、外国人本人ではなく企業の職員が行うことも可能です。更新の手続きには、4,000円の収入印紙代必要ですが、企業か外国人本人のどちらが負担するかについては、特に法律で定められていません。なお、企業が外国人の在留カードに関する手続きを行う場合でも、外国人本人は日本に滞在している必要があります。

在留期間を更新する場合

在留期間の更新の申請期間は、在留期間の満了日の前までです。なお、6カ月以上の在留期間がある外国人は、3カ月前から更新手続きができます。入院や出張など特別な事情がある場合は、3カ月以上前から手続きを行うことが可能です。

在留期間の更新手続きには、以下の書類の提出や提示が求められます。

  • 在留期間更新許可申請書
  • 申請人の写真(1枚)
  • 日本での活動内容に応じた資料(在留資格によって異なる)
  • 在留カード
  • 旅券もしくは在留資格証明書
  • 旅券もしくは在留資格証明書の提示が出来ない場合は、その理由を記載した理由書
  • 身分を証明する文書等(申請取次者が申請を行う場合のみ提示)

日本での活動内容に応じた資料は、在留資格によって異なります。なお、申請人以外の人が手続きを行う場合は、在留カードの写しを申請人に携帯させて、来庁する人が申請人の在留カードを持参するようにしましょう。

参照元
出入国在留管理庁
在留期間更新許可申請

在留カードの記載内容を変更する場合

在留カードの住居地の変更を行う場合の申請先は、出入国在留管理庁ではなく住居地の市区町村の担当窓口です。新住居地に移転した日から14日以内に手続きを行う必要があります。

住所の変更をする場合は、下記の書類の提出や提示が必要です。

  • 住居地届出書
  • 在留カード

また、住居地以外の内容を変更する場合は、下記の書類が必要です。申請先は、住居地を管轄する地方出入国在留管理官署になります。

  • 在留カード記載事項変更届出書
  • 申請人の写真(1枚)
  • 記載事項に変更が生じたことを証明する資料
  • 在留カード
  • 在留カード漢字氏名表記申出書(漢字氏名の併記を希望する場合)
  • 旅券
  • 旅券の提示が出来ない場合、その理由を記載した理由書
  • 身分を証明する文書等(申請取次者が申請を行う場合に提示)

記載事項に変更が生じたことを証明する資料は、氏名を変更した場合や国籍・地域を変更した場合で提出するものが異なります。

参照元
出入国在留管理庁
住居地の変更届出(中長期在留者)
住居地以外の在留カード記載事項の変更届出

再交付する場合

紛失や盗難、汚損などにより在留カードを再発行する場合は、その事実を知った日から14日以内に申請を行う必要があります。在留カードの再交付には、下記の書類が必要です。

  • 在留カード再交付申請書
  • 申請人の写真(1枚)
  • 所持を失ったことを証明する資料
  • 旅券もしくは在留資格証明書(提示)
  • 旅券もしくは在留資格証明の提示が出来ない場合、その理由を記載した理由書
  • 身分を証明する文書等(申請取次者が申請を行う場合に提示)

在留カードを再交付する場合は、警察署で発行される「遺失届出証明書」と「盗難届出証明書」、もしくは消防署で発行される「り災証明書等」が必要です。また、新たな在留カードは原則即日交付されます。

参照元
出入国在留管理庁
紛失等による在留カードの再交付申請

まとめ

日本に在留する外国人が持つ在留カードには、在留期限が切れていないかどうかを確認できる番号が記載されています。ただし、在留カードの有効性を証明するものではないため、あくまでも確認する方法のひとつとして利用しましょう。外国人を雇用する場合は、在留カードに記載のある在留資格や在留期間も確認する必要があります。

初めてでも安心!

3分で理解できる外国人採用ノウハウ

資料ダウンロード

人材不足に悩んでいませんか?

この資料では、「外国人採用のメリット」、「外国人の雇用方法」、「Leverages Global Supportの強み」について、わかりやすく紹介しています。

是非、外国人採用の初めの一歩にご活用ください。

無料ダウンロード