外国人の採用面接時の質問例!聞いてはいけないこともあわせて紹介

2022年09月22日
WeXpats Bizは技能実習/特定技能の外国人採用・雇用支援サービスを提供しているLeverages Global Supportの関連サイトです。行政書士監修の下、外国人採用の現場で役立つ情報を発信しています。
濵川恭一 (監修)
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

外国人の採用面接を初めて行う企業は、何を聞いて良いのか迷うこともあるでしょう。また、聞いてはいけない質問があれば知りたいのではないでしょうか。外国人応募者に対しては、日本語能力や将来の帰国に関する質問を忘れずに行いましょう。一方、宗教や国籍に関する質問はしてはいけません。
このコラムでは、外国人の採用面接時にすべき質問・してはいけない質問を紹介。内容を参考にして、優秀な外国人を雇用しましょう。

目次

  1. 外国人の採用面接時にすべき質問
  2. 外国人の採用面接でしてはいけない質問
  3. 外国人の採用面接で気を付けること
  4. まとめ

外国人の採用面接時にすべき質問

外国人の採用面接では、日本人応募者の面接とは異なる観点で質問する必要があります。適切に質問をして、知りたい情報を自然に引き出しましょう。

日本語はどのくらい勉強しましたか?

日本語能力に関する質問は忘れずに行いましょう。「日本語はどのくらい話せますか?」という質問をすると「少し話せます」「日常会話ならできます」などの、抽象的な返答が返ってくる可能性があります。勉強した期間を具体的に聞くことで、おおよそのスキル感が知れるでしょう。また、日本語習得に関する熱心さも分かります。持っているJLPTのレベルや実際にコミュニケーションを取った所感とあわせ、総合的に日本語能力を判断しましょう。

日本に興味を持ったきっかけは何ですか?

日本に興味を持ったきっかけを採用面接で聞くのは、外国人のコミュニケーション能力を見るためです。また、緊張をほぐす効果も期待できます。外国人が興味を持った事柄そのものというよりは、「分かりやすく話せているか」「エピソードや実体験をうまく盛り込めているか」などをチェックしましょう。

どうして日本で働こうと思ったのですか?

日本での就労意思に主体性があるかを確認できる質問です。特に理由なく日本で働くことにした人より、明確な意思がある人のほうが長く前向きに働いてくれる可能性が高くなります。なお、「母国より給料が良いから」「日本は暮らしやすく安全だから」という答えでも、主体性のある意思なことに変わりはないので問題ありません。

将来母国に帰国する予定はありますか?

できるだけ長く働ける人材を求める企業は、帰国予定を必ず聞きましょう。外国人のなかには、日本で数年経験を積んだあと、母国に帰国して就職し直す人もいます。面接の段階で帰国予定を聞いておくことで、予想外の早期離職を防止できるでしょう。

日本の好きなところ・嫌いなところを教えてください

日本の好きなところ・嫌いなところも、「日本に興味を持ったきっかけ」同様に外国人のコミュニケーション能力を確認する質問です。内容よりも答えるときの話し方や表情、声のトーンなどを確認するのが目的なので、日本の嫌いなところが多少あっても問題ありません。ただし、愚痴のような内容を話したり嫌いなところが多かったりする場合は、ネガティブで不満を抱えやすい人材の可能性があります。

外国人を採用する企業は年々増加傾向にあります。「日本での外国人の雇用状況は?企業に向け詳しく解説」のコラムでは、外国人労働者の人数や国籍などを解説しています。

外国人の採用面接でしてはいけない質問

外国人の採用面接では、NGとされている質問があります。外国人の人権を侵害しないよう、以下で説明する点に注意して面接を進めましょう。

人種や国籍に関する差別的な質問

人種や国籍差別と捉えられる質問や発言は、絶対にしてはいけません。たとえば、「▲▲人だから体力がありますよね」や「▲▲人は時間を守らないイメージですが大丈夫ですか?」などの発言は禁句です。また、当然ではありますが肌の色や髪型、体系を揶揄する発言もしてはいけません。

人種差別は世界的なタブーです。そのような質問を採用面接でしてしまっては、企業のイメージが非常に悪くなります。在留資格の確認のために外国人に国籍を聞くときも、表現に最大限の注意を払いましょう。

ジェンダーに関する質問

採用面接ではジェンダーに関する質問にも十分注意しましょう。日本のジェンダー意識は、海外と比較すると遅れているといわれています。不用意な発言をして応募者を傷つけないよう注意が必要です。たとえば、中性的な見た目をしている応募者に対して「性別はどちらですか?」と聞くのは、プライバシーの侵害に当たります。海外では履歴書に性別を書く欄がなく、面接で性別を尋ねる質問もされません。相手から申し出があった場合を除き、応募者の性別について質問するのはタブーです。

宗教や信仰に関して深く聞く質問

日本人はもちろん外国人の採用面接であっても、宗教や信仰に対して質問するのは禁止です。どの宗教を信仰するのかは個人の自由であり、業務に直接関係がないので質問する必要はありません。「▲▲人だから信仰しているのは▲▲教?」「▲▲の人は▲▲なんでしょう?」などの質問も偏見になるので辞めましょう。また、食べ物や儀式などに関して「何か配慮することはあるか」と、親切心で聞く際も注意が必要です。直接、信仰をしている宗教を聞くのではなく、「何か言っておきたいことはありますか?」「配慮が必要なことはありますか?」などの聞き方をしましょう。

外国人の採用面接で気を付けること

外国人の採用面接を行うときは、在留資格や在留期限を必ず確認しましょう。また、質問時の言葉選びや伝え方も、日本人以上に注意する必要があります。

在留資格や在留期限を確認する

外国人の有している在留資格や在留期限は、面接の段階で聞いておきましょう。在留資格の変更がともなう場合は、自社で就業可能な種類を取得できるのか、学歴や経歴の確認もあわせて必要です。在留資格や在留期限は在留カードで見ながら確認するのが望ましいですが、面接時に提出を求めることはなるべく避けましょう。こちらにそのつもりがなくても、応募者は「国籍や出自を理由に合否を判断されてしまう」と感じるためです。

採用面接時は「在留資格には問題ありませんか?」などの聞き方をして、内定後に在留カードをあらためて確認しましょう。

分かりやすい質問や回答を心掛ける

外国人の採用面接では、分かりやすい言い回しや聞き取りやすい声のトーン、ゆっくりとした話し方を心掛けましょう。日常会話には何ら問題がない外国人でも、採用面接で使われるようなかしこまった言葉遣いを理解するのは至難の業です。そのうえ緊張もしているので、より日本語が聞き取りにくくなっています。外国人とスムーズに会話をし、本来の性格や素質を見抜くためにも質問の仕方には配慮しましょう。
 

面接では、逆質問を受ける場合もあります。その際の回答もできるだけ分かりやすい表現や言い回しをすることが必要です。もし、内容が理解できていなくても、採用担当者に聞き返す勇気が出ない応募者もいます。このような事態を防ぐためにも、外国人応募者の理解度を確認しながら、手続きを進めましょう。

威圧的な雰囲気を出さないようにする

できるだけ柔らかい雰囲気を意識するのも、外国人の採用面接では非常に大切です。海外の採用面接はフランクに雑談を交えながら行うのが普通で、日本のような重苦しい雰囲気はありません。そのため、戸惑ってしまう外国人も多いようです。無理にカジュアルな雰囲気にする必要はありませんが、最低限応募者が萎縮するような威圧的な言い方や表情は避けましょう。

条件や待遇は明確に伝える

入社時の条件や待遇は、明確に伝えるようにしましょう。海外では採用面接の段階で、待遇や条件、報酬に至るまではっきり伝えるのが一般的です。また、外国人は日本人よりも待遇や条件を重視する傾向にあります。面接の段階であいまいにしてしまうと、入社後にトラブルになりかねません。面接で詳しく聞かれても驚かず、しっかり対応しましょう。

在留資格については「外国人の就労ビザの種類や申請方法を企業向けに解説!」「外国人が日本で就労できる在留資格とは?企業に向けて解説」のコラムもぜひ参考にしてください。

まとめ

外国人の採用面接では聞くべき質問とタブーとされている質問があり、その点を理解していないと、優秀な人材を逃すことに繋がります。企業の発展のためにも、外国人の採用面接のポイントや注意点を知っておきましょう。