2022/08/02

外国人留学生に必要な在留資格って?申請に必要な手続きを解説

日本への留学を考えている人のなかには、在留資格について深く知りたいと思っている方もいるでしょう。外国人留学生が有する在留資格は、「留学」です。「留学」は外国人が日本の学校で教育を受けるための在留資格なので、就職や退学をした場合は変更しなくてはなりません。
このコラムでは、在留資格「留学」の概要や取得の流れを解説します。内容を参考にして、日本留学への第一歩を踏み出しましょう。

目次

  1. 外国人留学生には在留資格「留学」が必要!
  2. 外国人留学生が在留資格を得て来日する流れ
  3. 外国人留学生は必要に応じて在留資格を更新・変更する
  4. アルバイトをする外国人留学生は資格外活動許可を得る
  5. 外国人留学生の在留資格に関するQ&A
  6. まとめ

外国人留学生には在留資格「留学」が必要!

留学生として日本に来日する外国人は、在留資格「留学」を得る必要があります。外国人が「留学」の在留資格を得るには、教育機関への入学資格に加えて一定以上の日本語能力が必要です。具体的には、専門学校や各種学校に入学する場合は日本語能力試験(JLPT)のN1かN2、日本語学校に入学する際はN5以上の日本語能力が求められます。また、在学中の生活費を工面する目途があるのかも問われるので、家族や親族とよく相談し、資金計画を立てましょう。

日本は積極的に外国人留学生を受け入れている国です。「日本に留学したい外国人必見!留学生の受け入れ状況や施策について解説」のコラムでは、具体的な受け入れ状況について解説しています。

参照元
出入国在留管理庁「専修学校又は各種学校へ入学するための日本語能力について」
出入国在留管理庁「日本語教育機関への入学をお考えのみなさまへ

外国人留学生が在留資格を得て来日する流れ

ここでは、外国人留学生が「留学」の在留資格を取得し、来日するまでの流れを紹介します。留学する学校が決まらなければ、在留資格を手にすることはできません。まずは学校を決め、入学資格を得てから在留資格取得の手続きを進めましょう。

1.留学先を決めて入学資格を得る

外国人が「留学」の在留資格を得るには、先に通いたい学校の入学資格を得る必要があります。自分が「どのような分野について学びたいのか」「どのような学校に通いたいのか」を明確にし、学校を選びましょう。自分に合った学校を探すには、日本の学校に関する情報をできるだけ多く手に入れることが重要です。説明会やオープンキャンパスに参加するのがスムーズですが、来日するのはお金や手間が多く掛かります。来日が難しい外国人には、学校のWebサイトを閲覧したり資料を取り寄せたりする方法がおすすめです。また、学校によってはオンライン説明会を行っている場合もあるので、上手に活用してみましょう。

留学したい学校が決まったら、入学願書および必要書類を提出し受験をします。入学試験は試験会場での受験が一般的ですが、2020年の新型コロナウイルスの感染拡大の影響によりオンライン受験ができる学校も増えているようです。

2.入学手続きを完了させる

入学試験に合格したら入学手続きを行いましょう。入学手続きで特に大切なのは入学金・学費の納付です。納入期限までに納められなければ、入学が取り消しになります。余裕を持って納付できるよう準備を整えておくのがおすすめです。
入学が決まったら、できるだけ早めに住まい探しを進めましょう。進学先や就職先が決まり始める2月・3月ごろから、条件の良いアパートやマンションから借り主が決まってきます「学校から近い」「家賃がリーズナブル」など人気のある物件を借りるのであれば、なるべく早く動き出さなくてはなりません。なお、外国人留学生向けの寮や宿舎を用意している学校もあるので、費用を抑えたい方は一度確認してみましょう。

3.在留資格認定証明書を得る

通う学校が決まったら、日本に滞在するために必要な在留資格「留学」を得る手続きを行います。新たに在留資格を得るための手続きの名称は「在留資格認定証明書交付申請」です。在留資格認定証明書交付申請は海外から行えません。そのため、日本にいる代理申請が可能な立場の人に依頼します。多くの場合、代理申請は学校が行うのが一般的です。学校に代理申請を依頼できないときは、日本にいる親族もしくは行政書士・弁護士などの法的に認められている申請取次者に依頼します。

4.在外公館で入国査証(ビザ)を取得する

在留資格認定証明書が無事発行されたら、代理申請を行ってくれた人に原本を送ってもらいましょう。受け取ったら、母国にある日本国大使館や総領事館でビザ(査証)を申請します。ビザの発給に必要な書類は以下のとおりです。

  • 旅券(パスポート)
  • ビザ申請書:1通
  • 証明写真:1葉
  • 在留資格認定証明書:原本とコピー1枚ずつ

なお、国籍によっては追加の書類が必要になる場合もあるので、自国の日本大使館や総領事館に確認しておきましょう。在留資格認定証明書を提示すると、ビザの発給が通常よりスムーズに行われます。申請に問題がなければ、標準処理期間内である5営業日での発給が可能です。

5.来日する

ビザが発給されたら、入学式や授業開始などの日程にあわせて来日します。新千歳空港・成田空港・羽田空港・中部空港・関西空港・広島空港・福岡空港から入国する場合は、上陸許可とともに在留カードが交付される仕組みです。そのほかの空港および港から入国した場合は、市町村に届け出た住所あてに在留カードが送られてきます。余裕を持って入国し、万全の体制で学校生活を始められるように努めましょう。

参照元
アクセス日本留学「留学生のための「日本の学校情報の集め方」ガイド」
外務省「就労や長期滞在を目的とする場合 一般ビザ:留学

外国人留学生は必要に応じて在留資格を更新・変更する

日本に住む外国人は、必要に応じて在留資格の更新や変更をしなくてはなりません。ここでは、外国人留学生が在留資格を更新や変更する場合の手続きを紹介します。

在留資格の期限が切れそうなとき

在学中に在留資格の期限が切れる場合は、「在留期間更新許可申請」を行います。申請するのは、住んでいる場所を管轄する地方出入国在留管理官局です。以下の書類を用意し、在留期限に余裕のある状態で申請を行いましょう。

  • 在留期間更新許可申請:1通
  • 証明写真(縦4cm×横3cm):1葉
  • 旅券(パスポート)と在留カード(提示)
  • 教育を受けている機関からの在学証明書および成績証明(例:成績証明書、出席証明書、成績証明書など):1通
  • 申請人の日本在留中の経費支弁能力を証する文書(例:預金残高証明書、課税証明書など)
  • 身分を証明する文書(提示)

なお、留学する学校が「適正校」であるかそうでないかによって、追加で提出する書類が異なります。適性校とは、留学生の在籍管理が適正に行われていると認められている教育機関のことです。

提出書類をすべて用意しても、必ず在留資格の更新が許可されるとは限りません。在留状況が悪いと、申請が却下される場合があります。在留状況が悪いと判断されるケースは「学校にしっかり通っていない」「犯罪を犯し罰則を受けた」などです。在留期間が更新できなければ、留学を続けることはできません。日本での生活態度に注意し、法律やルールを守って勉強に励みましょう。

学校を辞めたり卒業して就職したりするとき

退学をしたり卒業を迎えたりして、活動内容に変更がある場合は「在留資格変更許可申請」を行います。在留資格は、日本で行う活動内容にあわせたものを所有しなくてはなりません。在留資格が「留学」のまま就職をすると不法就労とみなされます。就職する際は必ず、在留資格の変更を終えてからにしましょう。

在留資格変更許可申請に必要な書類は、希望する在留資格の種類によって異なります。就職のための変更の場合、多くの書類を就業予定の企業に用意してもらわなくてはなりません。企業の担当者としっかり連携を取って、入職までに在留資格の変更が完了しているようにしましょう。

外国人留学生の在留資格変更については「外国人留学生必見!在留資格の変更に必要な書類を解説」でさらに詳しく解説しています。

参照元
出入国在留管理庁「在留資格「留学」

アルバイトをする外国人留学生は資格外活動許可を得る

在留資格「留学」では報酬を得る活動は許されていないため、アルバイトをする際は資格外活動許可を取得します。なお、資格外活動許可で行えるアルバイトには時間の制限があり、原則週28時間(長期休暇時は週40時間)以内です。また、パチンコ店やゲームセンターなどの風俗営業に分類される場所でのアルバイトは禁止されているので、十分注意しましょう。定められている時間を超えて働いたり禁止されている場所で働いたりすると、資格外活動許可違反となり罰せられます。

資格外活動許可の申請先は、住んでいる場所を管轄する地方出入国在留管理官局です。出入国在留管理庁のWebサイトからダウンロードした資格外活動許可申請書に必要事項を記入し提出するほか、パスポートと在留カードの提示が必要です。

資格外活動許可とは?アルバイトを始めたい外国人留学生に向けて解説」のコラムでも資格外活動許可について詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

参照元
出入国在留管理庁「資格外活動許可申請

外国人留学生の在留資格に関するQ&A

ここでは、外国人留学生の在留資格に関するよくある質問をまとめています。現在は以下のケースに該当しない方も、今後のために内容を知っておきましょう。

卒業後も就職先が決まらなかったら?

卒業までに就職先が決まらなかったら、在留資格を「留学」から「特定活動」に切り替えます。在留資格「特定活動」の在留期間は6ヶ月で、1回のみ更新が可能です。そのため、最長で1年間就職活動を継続できます。就職活動中にアルバイトを行いたい場合は、資格外活動許可を得れば、学生時代と同じ条件で働けるので忘れずに申請しましょう。
就職活動のために在留資格を「特定活動」に変更するには、通っていた大学や専門学校の推薦状が必要です。成績が振るわなかったり出席率が悪かったりすれば、推薦状を得られない場合もあります。そのような事態を防ぐためにも、留学中はしっかり学校に通い、勉強に取り組みましょう。

留学中に結婚をしたら在留資格はどうなる?

留学中に結婚をしてそのまま学生を続ける場合、在留資格は「留学」で問題ありません。卒業したあとにふさわしい在留資格に変更しましょう。
外国人留学生が日本人と結婚した場合は「日本人の配偶者等」、永住者と結婚した場合は「永住者の配偶者等」の在留資格に変更するケースが多いようです。もちろん、卒業後の自分の職業に合った就労に関する在留資格を得ても問題ありません。しかし、身分にまつわる在留資格は就労の制限がないため、職業の選択肢が広がり日本での生活がしやすくなります。なお、留学生同士で結婚した場合、夫婦のどちらかは配偶者に扶養される「家族滞在」の在留資格へ変更できる場合もあります。

教育機関を退学後に配偶者と出会い結婚した場合、日本滞在延長を目的とした偽装結婚を疑われて在留資格の審査が厳しくなります。そのため、計画的に手続きを行わないと、申請が不許可になる場合もあるでしょう。

母国の家族を呼び寄せることはできる?

外国人留学生は、配偶者(妻もしくは夫)か子どもであれば「家族滞在」の在留資格で家族を呼び寄せられる場合があります。「家族滞在」は、特定の在留資格を持つ外国人に扶養される配偶者や子どもに付与される在留資格のため、親や親族などは対象外です。なお、日本語学校に留学している場合、家族の呼び寄せはできません。
大学や専門学校などに通う外国人留学生が家族を呼び寄せるには、扶養できる経済力を証明する必要があります。預金の残高証明書や支援者(両親など)の経済力を証明する書類を提出しましょう。目安としては、自分もしくは支援者の預貯金が200万~300万円以上あると許可が出やすいといわれています。

まとめ

外国人留学生の在留資格は「留学」です。日本での活動内容が変わる場合はその都度ふさわしい種類に変更しなくてはなりません。学校の成績が著しく悪かったりたくさん欠席していたりすると、希望する在留資格に変更できない場合もあります。留学中はできる限り学業を優先し、日本での生活に支障がでないように気を付けましょう。

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

日本の企業文化の特徴を理解しよう!【外国人向け】

日本企業はどのような雰囲気なのか、気になる方もいるでしょう。海外企業と日本企業とでは、働き方や仕事に対する考え方に違いがあります。それぞれの違いを理解することで、一気に働きやすくなるはずです。 このコラムでは、日本の企業文化の特徴を海外との違いをあわせて紹介します。内容を参考にして、日本就職に向けての心の準備を始めましょう。 目次 企業文化とは何のこと? 日本の企業文化の特...

仕事 仕事マナー

日本企業の面接の特徴は?外国人がよくされる質問も紹介

日本企業への就職を目指す人のほとんどは採用面接を受けます。しかし、どのようなことを質問されるのか、詳しく分からない人もいるでしょう。外国人留学生の場合は、日本に来た理由や来日して感じた母国の文化・慣習とのギャップを聞かれることが多いようです。 このコラムでは、日本の採用面接の特徴やよくされる質問を紹介します。内容を参考にして、希望する企業の内定を得ましょう。 目次 日本の採用面...

仕事 面接

日本の転職サイトの使い方を外国人に向けて紹介!使用時のポイントとは?

転職サイトを利用して仕事探しを始めようとしている人も多いでしょう。転職サイトはスマートフォンで登録できるうえ、ほとんどは無料で利用できるので非常に手軽な転職ツールといえます。昨今では、外国人専用の転職サイトも登場し始めました。 このコラムでは、外国人に向けて転職サイトの種類や上手な使い方を紹介します。内容を参考にして、日本での転職を成功させましょう。 目次 転職サイトの種類...

仕事 転職活動

さまざまな種類の日本の就労ビザを紹介

日本でキャリアをスタートさせるための最初のステップは、単に仕事を得るだけでなく、就労ビザを取得し日本で働く許可を得ることです。この記事では、日本の就労ビザの種類、それぞれのビザに該当する職種、およびビザの滞在可能期間をご紹介します。 目次 日本の就労ビザの種類 非就労ビザの就労許可について ビザは在留資格と同じ? まとめ 日本の就労ビザの種類 ...

仕事 在留資格

日本で働く外国人が多い職業って?ランキング形式で紹介!

日本で働きたい外国人に向け、外国人が多い職業をランキング形式で紹介します。外国人が多い職業は、製造業やサービス業、小売業、飲食業などです。基本的に、日本語をあまり使わない仕事や外国人顧客を相手にする機会のある仕事が人気になる傾向があります。各業種の解説をしているので、コラムを読んで自分に合った業界を探してみましょう。 目次 日本で働く外国人が多い職業ランキング 外国人に人気の...

仕事 就職活動

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー