2020/06/08

外国人留学生のアルバイトは、資格外活動の許可が必要!

これからアルバイトを始める外国人留学生は、「資格外活動の許可」を取得しなければなりません。
当コラムでは、アルバイトに許可が必要な理由と、その申請方法を解説。「資格外活動の許可」がある場合でも守らなければならないルールを分かりやすく説明します。
アルバイトをしたいと思っている方は、ぜひご覧ください。

◆在留資格ってどういうもの?

在留資格は外国人が合法的に日本に滞在するための資格で、日本に滞在する外国人は必ず取得しなければなりません。
在留資格には、「教授」「芸術」「介護」といったさまざまな種類があり、例えば「芸術」の資格があると、収入を伴う音楽・美術・文学活動が行えるという風に、資格の種類によって日本でできる活動が決まっています。
在留資格のうち、外国人留学生が取得している資格の種類は「留学」であり、留学の在留資格があると大学や短期大学、高等専門学校などの教育機関で教育を受けることが可能です。

【在留資格の種類】

外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、高度専門職、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術・人文知識・国際業務、企業内転勤、介護、興行、技能、技能実習、文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在、特定活動

【同時に2つの在留資格は持てない】

在留資格は必ずどれか1つを選択する必要があり、同時に2つの資格を持つことはできません。ですので、現在持っている資格で認められていない活動によって収入を得る場合には、「資格外活動の許可」という特別な許可が必要になります。

◆留学生がアルバイトをするには「資格外活動の許可」が必要

外国人留学生が日本でアルバイトをするには、「資格外活動の許可」を申請する必要があります。ご説明したとおり、留学の在留資格はあくまでも学業を目的としており、定期的な収入を伴う活動は許されていないからです。
許可を得ないままアルバイトをすると、不法就労をしたとして在留資格を剥奪され、強制送還される可能性があるので気をつけてください。
なお、大学の研究補助活動などで臨時の報酬を受け取る際は「資格外活動の許可」は必要なく、留学の在留資格があれば問題ありません。

◆「資格外活動の許可」の申請方法

「資格外活動の許可」は、住居地を管轄する出入国在留管理局(旧入国管理局)に申請することで取得できます。

【申請に必要な書類(本人が申請する場合)】

・資格外活動許可申請書
・申請にかかる活動の内容を明らかにする書類
・在留カード
・旅券(パスポート)または在留資格証明書

このうち申請書は、出入国在留管理局の窓口で手に入ります。「申請にかかる活動の内容を明らかにする書類」としては、アルバイト先が発行する採用予定証明書や雇用契約書を用意すれば良いでしょう。

【申請にかかる手数料】

手数料はかかりません。

【許可が下りるまでにかかる期間】

2週間~2ヶ月ほど。

【「資格外活動の許可」の期限について】

「資格外活動の許可」の期限は在留資格の期限と同じです。在留資格を更新するタイミングでアルバイトを続けたい場合、「資格外活動の許可」も合わせて更新しましょう。

◆「資格外活動の許可」には制限がある

「資格外活動の許可」があれば留学生でもアルバイトができますが、働ける時間と業種に制限があるので気をつけてください。

【働ける時間の制限】

留学生の場合、資格外活動は学業の妨げにならない範囲で認められるという条件があります。そのためアルバイトは無制限にできるわけではなく、労働時間の上限に注意しなくてはなりません。
外国人留学生が働ける時間は、通常は週に28時間まで。学校の長期休暇(夏休み・冬休み)中は1日8時間、週40時間まで働くことが可能です。
複数のアルバイト先がある場合、労働時間の上限は合算になるので注意してください。アルバイト先の人(雇用主)はあなたがほかのアルバイトでどのくらい働いているか分からないので、自分で時間を管理する必要があります。

【働ける仕事の制限】

外国人留学生は、風営法という法律で「風俗営業」に当てはまる職場では働くことができません。具体的には、次のようなお店が対象となります。

・スナック
・バー
・ナイトクラブ
・パブ
・パチンコ店
・麻雀店
・ゲームセンター

清掃や皿洗い、調理といった直接的には風俗業務に関わらない仕事であっても、これらのお店で働くことは禁止されています。

◆ルールを破ったらどうなる?

ご紹介した制限を守らなかった場合は、「資格外活動の許可」を取得せずにアルバイトした時と同様、不法就労として強制送還の対象となる恐れが出てきます。
そうなると学校で勉強を続けることはできず、卒業もできなくなるでしょう。強制送還になると最低5年は日本に入国できないため、将来日本で就職することも難しくなってしまいます。
「うっかりしていた」「忘れていた」という場合でも法律違反とみなされてしまうので、ご紹介したルールをしっかり守った上でアルバイトを見つけてください。

基本的なルールさえ守れば、アルバイトは日本での貴重な経験になります。学校の勉強だけでは学べない、日本でのマナーや仕事のやり方が理解できますし、アルバイト先で新しい友達をつくれるでしょう。
資格外活動について疑問があれば、学校や出入国在留管理局に相談することをおすすめします。アルバイトと勉強を両立し、充実した留学生活を送ってください!

監修:濵川恭一 
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

日本で外資系企業の就活を成功させるには?外国人留学生向けに解説!

日本で外資系企業への就職を考えている外国人留学生の中には、興味はあるけれど、就活をどのように進めれば良いかわからないという人もいるでしょう。就活を成功させるには、日本独自の就活スケジュールに注意する必要がありますし、インターンシップへの参加も重要です。このコラムでは、外資系企業の特徴を紹介しているので、参考にしてみてください。 目次 日本における外資系企業とは 外資系企業を志...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー