2020/06/08

ビザでは不可!外国人留学生のアルバイトには何が必要?

外国人留学生がアルバイトをする場合、留学ビザだけでは就労の許可は下りません。

「では、どうしたら良いの?」と思った人はこのコラムをチェック。留学ビザでは働けない理由や、就労の許可を得るために必要な手続きについて詳しく解説しています。

そのほか、アルバイトをするときに気をつけたいことなど、お役立ち情報が満載。ぜひチェックしてみてください。

◆留学ビザでアルバイトをできない理由は?

外国人留学生が所持している「留学ビザ」は、学校での勉強を目的としています。留学ビザで入国した人は、ほとんどが在留資格「留学」となるでしょう。

しかし、在留資格「留学」で認められる活動とは「教育を受けること」。アルバイトは、在留資格の認めた範囲から外れる「資格外活動」となってしまいます。

とは言え、実際には多くの留学生が勉強の合間にアルバイトをしています。働く理由は、生活費や学費を補填するためだったり、日本への造詣を深めるためだったり、人ぞれぞれです。

いずれにしても、勉強の妨げにならない範囲であれば、手続きを踏むことでアルバイトの許可を得ることができます。許可を取得するための方法については、次項で詳しく紹介しましょう。

◆資格外活動の許可を取得するには?

外国人留学生がアルバイトをする際には、「資格外活動の許可」の取得が必要です。在留資格「留学」の場合、多くは、一度この許可を取得するとアルバイト先に変更があった場合も有効となります。

資格外活動の許可申請は、地方出入国在留管理局にて行います。申請書はその場で入手することもできますし、法務省のWebサイトからダウンロードすることも可能です。

そのほか、申請時に必要な持ち物を下記にまとめました。

・活動内容を明示する書類(採用予定証明書など。不要な場合もあり)
・在留カード
・パスポート

申請に手数料はかからず、2週間~2ヶ月間で許可が下ります。

◆アルバイトは週28時間まで!長期休暇中は例外

資格外活動は、ビザの本来の目的を踏まえた上で認められるものです。外国人留学生の場合、学業に影響を及ぼさないよう、アルバイトは週28時間以内(残業時間も含む)までと決まっています。

いくつかのアルバイト先で働いていた場合も、すべてを合計して週28時間が上限です。例外として、夏休みなど学校の長期休暇中に限り、1日8時間以内(週40時間)まで労働時間が拡大されます。

就労時間に制限があることをきちんと覚えておきましょう。

◆アルバイトをするときに気をつけること

外国人留学生がアルバイトをする際、風俗営業に関わるお店での勤務は法律で禁止されています。風俗営業の具体例を以下にまとめました。

・スナック、キャバレー、ソープランド、ストリップ劇場など
・ラブホテル、アダルトショップなど
・ゲームセンター、パチンコ店、麻雀荘など

清掃や皿洗いといった裏方の仕事でも、上記に該当する店舗で働くことは違反です。ルールを破ってしまうと、故意でなくとも在留資格の更新ができないなど、ペナルティが科されます。

また、悪質と判断された場合、強制送還されてしまうことも。その場合、5年間は日本に入国できません。

「知らずに働いてしまった」ということがないように、採用先に不安があるときは学校に相談するなどして、事前に確認しておきましょう。

◆アルバイト以外の収入について

留学ビザでの就労は禁止されていますが、資格外活動の許可を取得しなくて良いケースもあります。以下より、代表的な例をチェックしてみましょう。

・講演、講義、研究補助、小説・論文執筆などへの報酬や賞金
・親族や友人から依頼を受けて従事する家事と、それに対する謝礼金

上記のように、一時的に発生した業務の場合、報酬を受け取っても「資格外活動」と認められません。継続的に行われなければ「労働」とは認められないので、手続きは必要ないです。

◆おすすめのアルバイトの探し方

最後に、日本でのアルバイトの探し方について、おすすめの方法を紹介しましょう。下記をチェックしてみてください。

【学校からの紹介】

在籍している学校の学生課の窓口で、アルバイト先を紹介してもらえることがあります。提携している企業の場合、労働時間の制限や、学業に支障をきたさない配慮にも期待できます。

【友人や知人からの紹介】

また、すでにアルバイトをしている留学生の友人や知人を頼ってみるもの1つの手です。見知らぬ人しかいない環境よりも、友人と同じ職場の方が仕事に慣れやすいでしょう。

この場合、雇用側も留学生の扱いに慣れているため、制限時間などに関して、理解を示してくれることが多いです。

【外国人留学生に特化した求人サイトを使う】

求人の対象を外国人留学生に絞っているサイトを使うこともおすすめです。掲載されている企業は、外国人留学生への受け入れ体制が整備されているケースがほとんどなので、安心して入職できるでしょう。

また、求人サイトは「職種」「勤務地」「時給」など、自分の希望条件を入力して検索できるため、効率よく仕事を探せます。

監修:濵川恭一 
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

日本で外資系企業の就活を成功させるには?外国人留学生向けに解説!

日本で外資系企業への就職を考えている外国人留学生の中には、興味はあるけれど、就活をどのように進めれば良いかわからないという人もいるでしょう。就活を成功させるには、日本独自の就活スケジュールに注意する必要がありますし、インターンシップへの参加も重要です。このコラムでは、外資系企業の特徴を紹介しているので、参考にしてみてください。 目次 日本における外資系企業とは 外資系企業を志...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー