2020/03/17

職務経歴書は箇条書き?外国人向けに書き方の基本を解説

職務経歴書の書き方について、「箇条書きにしても良いの?」などと悩んでいる外国人はこのコラムをチェック!

日本で就職活動をしている外国人に向けて、職務経歴書の準備方法や職務経歴書を構成する項目について、詳しく解説しています。

そのほか、読みやすい内容に仕上げるためのポイントなど、お役立ち情報が満載。ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書を用意しよう!

日本では就職活動時、企業へ応募する際に履歴書と一緒に「職務経歴書」を提出することがあります。職務経歴書とは、今まで勤務していた企業と業務を記入する書類です。日本・海外に関わらず、企業での就業経験がある外国人は、職務経歴書を用意しましょう。

職務経歴書は、パソコンを使って横書きのA4サイズで作成する方法が一般的です。自作が難しい場合は、インターネットのwebサイトからテンプレートをダウンロードすることもできます。

経歴書の上部には、「日付(提出日か投函日)」と「氏名」を記入します。パソコンで作成する場合も、氏名だけは手書きにするようにおすすめします。また、経歴内容は1~2枚程度に収めるのが基本です。

経歴を構成する項目は5つ

続いて、職務経歴書の書き方についてに見てきましょう。まず、1つあたりの経歴に対して記載する項目は以下の通りです。

(1)勤務期間
(2)会社概要
(3)雇用形態
(4)仕事内容、役職について
(5)身につけたスキル

項目ごとの詳細については下記より展開しています。

【(1)勤務期間】

企業に在籍した期間を記入します。複数の勤務経験がある場合は、古いものから順番に記載しましょう。在籍中の企業については、「◯年◯月~現在」と書いてください。

【(2)会社概要】

在籍した会社の名前、事業内容、従業員数、資本金といった基本概要を記述します。

【(3)雇用形態】

正社員、派遣社員、契約社員などの雇用形態を書きます。なお、パート・アルバイトの経験は職務経歴書には記載しません。

【(4)仕事内容】

取り組んだ業務について簡潔に説明します。このとき、実績や担当件数などを数字で具体的にするとアピールとして効果的です。

【(5)身につけたスキル】

身についたスキルや得意分野についての自己PRをします。

箇条書きで見やすい工夫をしよう

職務経歴書の役割は、応募者がどのような会社に勤め、どんな仕事に取り組んでいたのかを簡単に紹介すること。したがって、見やすく、分かりやすい書類にすることが大切です。まずは以下の参考例をチェックしてみましょう。

[参考例]
■勤務期間
20◯年◯月~20◯年◯月

■会社名
株式会社△△
事業内容:IT事業
従業員数:300人
資本金:6,000万

■雇用形態
正社員

■仕事内容
・ITソリューションの提案営業
・営業対象:大手~中小企業の金融機関
・担当エリア:◯◯
・担当顧客:7社

■身についたスキル
・コミュニケーション能力
・ニーズへの洞察力
・提案力

上記のように、仕事内容や獲得スキルに関しては、文章で書かずに箇条書きにするとすっきりとコンパクトにまとまります。

また、経歴欄のほかに自己PR欄を作ると効果的です。言語スキルや保持資格など、もともと持っている資格を記載したり、仕事への取り組み方や大事にしている姿勢などをアピールしても良いでしょう。

好印象な職務経歴書に仕上げるコツとは?

最後に、好印象な職務経歴書に仕上げるコツについて紹介しましょう。以下をチェックしてみてください。

【(1)これからやってみたいことを書く】

今までの経験だけではなく、この経験を活かして取り組んでみたい仕事や、企業に対する志望意欲を書いてみましょう。

【(2)文字サイズやレイアウトを調整する】

パソコンで作成する場合は、文字サイズや太さ、行間や余白の調整などを適宜行い、読みやすい書類になるよう意識してみてください。中央揃えやポップすぎる書体を使うなどは、控えた方が賢明です。

【(3)文字統一をする】

「2019年三月」など、数字の表記が書類内でバラバラにならないように、統一しましょう。同様に、漢字も表記ゆれがないように注意してください。

【(4)企業名は正式名称を使う】

企業名は(株)などと略称を使わずに、正式名称で記載することが基本です。

【(5)誤字脱字をチェックする】

特にパソコンで作成する場合は変換ミスが心配です。誤字脱字がないように、項目ごと丁寧に綴ることをおすすめします。書き終えたあとは、全体を丁寧に見直しておきましょう。

【(6)改行を適宜入れる】

改行が少なく、長々と文章が続いていると読みにくくなります。文章を書くときは、段落ごとに改行するように心がけましょう。

【(7)図表やグラフを入れる】

余力があれば、実績などを図表やグラフを使って表現してもOKです。

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

日本で外資系企業の就活を成功させるには?外国人留学生向けに解説!

日本で外資系企業への就職を考えている外国人留学生の中には、興味はあるけれど、就活をどのように進めれば良いかわからないという人もいるでしょう。就活を成功させるには、日本独自の就活スケジュールに注意する必要がありますし、インターンシップへの参加も重要です。このコラムでは、外資系企業の特徴を紹介しているので、参考にしてみてください。 目次 日本における外資系企業とは 外資系企業を志...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー