2020/06/08

外国人留学生のアルバイト、最低賃金の決まりを知ろう

「アルバイトをしたいが、不法就労にならないだろうか」と不安に思っている外国人留学生はいませんか?
確かに留学中のアルバイトはルールを破ると違法になりますが、基本的な決まりを覚えておけば大丈夫。このコラムでは、働くのに必要な「資格外活動の許可」について解説するので、必要な知識が身につきます。
留学生に人気のアルバイト先を知り、活き活きと働ける職場を見つけましょう!

◆外国人留学生がアルバイトをするのに必要な手続き

外国人留学生が日本でアルバイトをするには、「資格外活動の許可」を取得する必要があります。「資格外活動の許可」とは、今持っている在留資格以外の活動をする際に必要な許可のことです。
日本に滞在する外国人は必ず「在留資格」を持っており、在留資格はその種類によって日本国内でできる活動が定められています。留学生が持っている在留資格の種類は「留学」であり、この資格で認められるのは、大学や高等専門学校などで教育を受けることです。留学の在留資格で収入を伴う労働をすることは許されないので、アルバイトをする際は必ず「資格外活動の許可」を取得しましょう。
「資格外活動の許可」は、住居地を管轄する出入国在留管理局で申請手続きが行えます。

◆労働時間と業種の制限を知ろう

資格外活動の許可を取得した場合も、留学生のアルバイトには次のような制限があります。

【労働時間は週28時間まで】

学業という本来の滞在目的に支障が出ないように、留学生が働ける時間は週28時間までと決められています。週28時間には残業時間も含まれるので、アルバイトをする時は上限を超えないように気をつけてください。また、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合は、全てを合算した時間が週28時間以上にならないようにします。なお、この週28時間の計算方法ですが、週のどこから数えても28時間以内になるようにしてください。
例外として、夏休みや冬休みといった学校の長期休業中は1日8時間、週40時間まで働いてOKです。ただし、対象となるのは学則(学校のルール)で決められた長期休業に限られるので、「テスト期間で授業がないから」といった理由で労働時間を延ばすことはできません。

【風俗営業のお店では働けない】

留学生は、「風営法」という法律で風俗営業に指定されているお店では働けません。掃除や皿洗いといった表に出ない作業、短期間の勤務も一切認められていないので注意してください。

〈風俗営業のお店の例〉
・キャバクラ
・キャバレー
・スナック
・バー
・ゲームセンター
・パチンコ店
・マージャン店

労働時間や働けるお店のルールを破ると、たとえ資格外活動の許可があっても「不法就労」とみなされ罰則の対象となってしまいます。仮に強制送還となるとその後5年間は日本に入国できず、学業の継続や日本での就職が困難になるでしょう。
ご紹介したルールを覚えておけば大丈夫ですが、不安があれば学校や入管局に相談するのがおすすめです。

◆最低賃金は外国人にも適用される

日本には「最低賃金」という制度があり、これは外国人にも適用されるルールです。「外国人だから」という理由で不当な契約をさせられないよう、労働条件に関する決まりを覚えておきましょう。

【最低賃金とは何か】

最低賃金は法律に定められた制度で、雇用主が労働者に対して国が定める額以上の賃金を支給しなければならないというものです。
たとえ従業員が最低賃金以下で働くことに合意したとしても、最低賃金を下回る賃金は法律で認められません。

【最低賃金には2種類ある】

最低賃金には、特定の産業にのみ定められている「特定産業賃金」と、地域ごとに定められている「地域別最低賃金」の2種類があります。
地域別最低賃金は、地域ごとの物価の違いを考慮した上で、47都道府県ごとに定められるものです。就業形態や職種の区別なく全ての労働者に適用されるため、留学生は主に地域別最低賃金の額を参考にしましょう。
具体的な賃金の例を挙げると、2019年10月1日時点での東京都の最低賃金は、1時間につき1,013円です(※)。地域別最低賃金は毎年10月に改定されるので、最新の情報をチェックしてください。

※参照元:厚生労働省 - 地域別最低賃金の全国一覧 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

◆ほかにも知っておきたい労働者の権利


日本には、労働者を守るための「労働基準法」という法律があります。労働基準法は、国籍や就業形態にかかわらず、国内で働く全ての人に適用されるものです。アルバイト先で、「何かおかしい?。納得できない」ということがあった時は、労働基準法と照らし合わせることで不当に働かされていないか確かめられます。
労働基準法には労働条件に関するさまざまなルールがありますが、ここではそのうちのいくつかを見ていきましょう。

【休憩・休日のルール】

雇用主は、従業員の労働時間が6時間を超える場合は45分、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えることになっています。この時、仕事と仕事の合間にできる待機時間は休憩時間に含みません。
休日に関しては、1週間に1日以上の休日を設けるというルールがあります。

【深夜労働の賃金割り増しのルール】

従業員に深夜労働(夜22時~朝5時)をさせた場合、雇用主は通常の賃金の25%増の給料を支払わなくてはなりません。

【労働時間のルール】

労働基準法には、従業員を1日8時間以上、1週間で40時間以上働かせてはならないというルールがあります。
ただし、そもそも留学生が働ける時間(原則として週28時間)は労働基準法で定められた上限よりも少ないので注意してください。雇用主が資格外活動のルールを知らない可能性もあるので、労働時間は自分自身でしっかり確認・管理しましょう。

◆外国人留学生におすすめのアルバイト


最後に、外国人留学生が働きやすいアルバイトをご紹介します。未経験でも働ける仕事を集めたので、仕事探しの参考にしてください。

【コンビニ】

コンビニは街のあちこちにあり、自宅や学校の近くで職場を見つけやすいのが魅力です。24時間営業でシフト制での勤務となるため、自分の都合の良い時間に勤務しやすいのもメリット。早朝や深夜のみシフトに入るという働き方も可能です。
コンビニの主な仕事内容は、レジでの会計や商品の陳列・補充。店員はお弁当の温めや公共料金の支払い、タバコの販売といったさまざまな仕事をこなすので、最初は大変と思うかもしれません。ただ、慣れると効率良く動けるようになりますし、一度仕事を覚えれば、退職後も別のコンビニで経験を活かせます。

【飲食店】

レストランやカフェ、居酒屋、ファストフード店といったさまざまなお店があり、求人も多いのが特徴です。自宅から近いお店はもちろん、好きな雰囲気のお店を選ぶこともできるでしょう。
レストランでは、アルバイトは「キッチン」と「ホール」に分かれて働くのが一般的。キッチンは調理場で調理や皿洗いを行い、ホールはお客様から注文をとったり、できあがった料理を配膳したりするのが仕事です。

【ホテル】

ホテルにはフロントや清掃の仕事がありますが、語学力を活かしたいならフロント業務がおすすめ。最近は海外からの観光客が増えているため、日本語に加えて英語や中国語ができる人材が重宝されます。
お客様とコミュニケーションをとる機会が多いので、人とかかわることや、誰かに喜んでもらうのが好きな人に向いているでしょう。

【語学教師、翻訳など】

語学教師や家庭教師、翻訳といったアルバイトでも語学力が活かせます。コンビニや飲食店に比べて求人数は少なくなりますが、語学に自信があるなら探してみる価値はあるでしょう。

監修:濵川恭一 
外国人専門の人材ビジネス会社勤務を経て、外国人のビザ専門行政書士事務所を設立。専門分野は、就労ビザ申請、外国人採用コンサルティング。著書に、「これ1冊でまるわかり!必ず成功する外国人雇用」、「実務家のための100の実践事例でわかる入管手続き」等がある。 http://svisa.net

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

日本で外資系企業の就活を成功させるには?外国人留学生向けに解説!

日本で外資系企業への就職を考えている外国人留学生の中には、興味はあるけれど、就活をどのように進めれば良いかわからないという人もいるでしょう。就活を成功させるには、日本独自の就活スケジュールに注意する必要がありますし、インターンシップへの参加も重要です。このコラムでは、外資系企業の特徴を紹介しているので、参考にしてみてください。 目次 日本における外資系企業とは 外資系企業を志...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー