2020/03/23

外国留学生が就活をスタートするべき時期はいつ?

日本で就職したい外国人留学生で、就活のスタート時期に悩んでいる方はいませんか?海外では卒業後に就活する場合もありますが、日本では在学中に就職先を探すのが一般的です。スタート時期を逃して就活に失敗する人は多いですが、それぞれの時期にやるべきことを把握すれば心配はいりません。
就活前に必要な準備を分かりやすく解説するので、日本で就職したい方はぜひご覧ください。

外国人留学生は就活のスタートが遅れがち

日本では在学中から就職活動を始め、学生のうちに内定をとって卒業後すぐに働き始めるのが一般的です。日本は企業が毎年一括して新卒(※)を募集する「新卒採用」が主流。企業は学生が在学中に採用試験を行って内定を出し、卒業後すぐに入社できるよう準備をします。
新卒採用は外国人には馴染みがなく、「就職活動は卒業後にするもの」と思っている留学生は多いのではないでしょうか?
外国人留学生にありがちな失敗は、日本の就活に関する知識がないために、就活のスタートが遅れ、希望する企業の内定がとれないパターン。日本の学生は早い人で1・2年生、遅くとも3年生の時点で就活の準備を進めています。企業は予定していた採用人数に達すると募集を終了するので、日本で就職したい場合は、早い段階で就活の準備を始めましょう。

※その年に学校を卒業する学生

日本の就活の流れを知って準備しよう

就活の準備をするには、まずは日本の就活スケジュールを知ることが必要です。日本での一般的な就活の流れを知りましょう(2019年時点)。

【大学3年生の3月:エントリー開始】

多くの企業が新卒を対象とするエントリー受付を開始するのが3月です。エントリーとは、企業からの選考情報を得るために、企業の採用Webページや就活情報サイトに個人情報を登録すること。エントリーしないと会社説明会の案内や応募書類の提出締め切りといった情報が得られないので、就活にあたってエントリーは必須です。
就活中に志望する企業や業界が変わっても対応できるように、必ず複数企業にエントリーしましょう。目安として、日本の学生は30~50社ほどエントリーする人が多いようです。

【大学4年生の3~5月:会社説明会、応募書類提出】

エントリーが済んだ後は、会社説明会に参加したり、応募書類を提出したりするのが流れです。会社説明会は選考過程に組み込まれていない場合もありますが、企業の詳しい話を聞けるチャンスなので、都合がつく限りは参加しましょう。
新卒の応募書類には、履歴書とエントリーシート(ES)の2種類があり、前者は採用後も社員の情報を管理するために会社に保管される書類、後者は選考のみに用いられる書類という違いがあります。会社によって両方が必要な場合もあれば、片方のみの提出で良い場合もあるでしょう。

【大学4年生の6月:面接選考が開始】

大学4年生の6月から面接選考や筆記試験が始まります。新卒の面接は平均して2~3回程度あり、筆記試験や適性検査が実施される場合もあります。

【大学4年生の7~9月:引き続き面接選考】

6月中に内定をとる学生は多いですが、選考に落ちても諦めずに就活を続けましょう。

【大学4年生の10月:内定式】

日本では多くの企業が内定した学生を集めて、10月1日に内定式を行います。内定式には、学生とコミュニケーションをとって入社までの不安を減らしたり、事務的な手続を進めたりといった目的があります。

【大学4年生の10月以降:内定がない学生は引き続き就活】

内定式が終わると新卒募集をする企業の数は減りますが、秋から冬にかけて採用活動を行う企業もあります。内定がなくても、最後まで諦めずに就活を続けましょう。

就活前の準備は?

本格的な就活はエントリー開始時期からスタートしますが、外国人留学生がそれ以前にやっておいた方が良いことをご紹介します。

【日本の業界・職種について理解する】

自分に合った仕事を見つけるには、日本にある業界や職種を把握することが第一歩です。日本の主な業界と職種を挙げるので、参考にしてください。

〈日本の主な業界〉
・メーカー
食品、住宅、鉄鋼、機械、自動車、スポーツなど

・商社
総合商社、専門商社

・小売
コンビニ、スーパー、専門店など

・金融
銀行、クレジットなど

・サービス、インフラ
不動産、鉄道、航空、ホテル、レジャー、人材サービスなど

・ソフトウエア
ソフトウエア、インターネット、通信など

・マスコミ
放送、新聞、出版、広告など

〈職種の例〉
・研究開発
・設計
・技術
・システムエンジニア(SE)
・プログラマー
・生産管理
・品質管理
・経営企画
・商品企画
・マーケティング
・営業
・販売
・広報
・総務
・人事
・経理
・財務

最初は幅広く業界や職種を調べ、どんな仕事で自分の専門性が活かせるか考えましょう。外国人留学生が就職先を決める時は、在留資格の許可が下りる仕事を選ぶことも大切です。

【インターンシップに参加する】

近年の日本ではインターンシップが盛んになり、たくさんの企業が学生に就業体験の機会を提供しています。日本のインターンシップは選考過程に組み込まれないことが多いですが、業界や企業の情報を収集し、自分の適性を見極めるまたとない機会です。
インターンで業務のイメージや今後の目標が明確になると、本選考でも説得力のある意見を伝えられます。1日完結の短期インターンもあるので、気になる業界や企業があれば気軽に参加しましょう。
インターンは春・夏・冬休みに実施する企業が多く、開催時期の1~2ヶ月前を目安に募集受付が開始されます。就活まで余裕がある3年生の長期休暇中に、インターンを通して情報収集するのがおすすめです。

【ビジネスマナーを理解する】

日本の面接では、態度やマナーが評価されます。中には留学生には理解しにくいマナーがあるかもしれませんが、面接官に「この人と一緒に働きたい」と思われるには、誠意ある態度で信頼を得ることが大切です。ビジネスマナーの知識は社会人になっても役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

〈受付には10~15分前に到着する〉
面接開始時間の10~15分前に受付に到着するようにします。早すぎる到着は迷惑になる恐れがあるので、早めに到着した時は、駅のトイレで身だしなみの最終チェックをしたり、喫茶店で時間を調整したりするのが良いでしょう。

〈遅刻しそうな時は必ず連絡を入れる〉
交通機関の遅れなどで遅刻しそうな時は、必ず担当者に電話で連絡を入れましょう。その時は到着できる時刻とともに、お詫びの言葉を伝えるのを忘れずに。面接会場に辿り着いたら、改めて謝罪の気持ちを伝えると丁寧な印象になります。

〈敬語を使う〉
敬語は苦手な人が多いですが、「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」を意識して丁寧な言葉で話しましょう。日本語力を重視する企業は多いので、正しい敬語が使えれば語学力のアピールにもなります。

〈面接中は姿勢を正す〉
日本では面接中に足を組んだり肘をついたりするのはマナー違反です。面接中は背もたれに背中をつけず、背筋をまっすぐに伸ばした姿勢で座りましょう。

〈オフィスシーンにふさわしい服装をする〉
新卒の就活ではリクルートスーツを着用するのが基本です。企業に私服を指定された場合も、何を着ても良いわけではありません。露出が多い服、派手な印象がある服は避け、オフィスカジュアルと呼ばれる服装をしていきましょう。
服装のほかには、寝癖がないか、化粧が濃すぎないかといった点に注意が必要。就活では清潔感が重視されるので、誰が見てもすっきりと清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

日本で外資系企業の就活を成功させるには?外国人留学生向けに解説!

日本で外資系企業への就職を考えている外国人留学生の中には、興味はあるけれど、就活をどのように進めれば良いかわからないという人もいるでしょう。就活を成功させるには、日本独自の就活スケジュールに注意する必要がありますし、インターンシップへの参加も重要です。このコラムでは、外資系企業の特徴を紹介しているので、参考にしてみてください。 目次 日本における外資系企業とは 外資系企業を志...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー