2020/03/17

日本で働きたい外国人の方向け!履歴書の書き方

履歴書の書き方でお困りの外国人の方はいませんか?
日本で働くには必ずといって良いほど履歴書の提出を求められます。履歴書だけで採用・不採用が決まるわけではありませんが、その人の第一印象を左右することもある大切な書類です。でたらめに書いたり不備があったりするとマイナス評価に繋がるため、書き方の基本は必ず押さえておきましょう。
当コラムでは、日本で働きたい外国人の方向けに履歴書の基本についてご紹介。これから日本で就職活動をする人はぜひ参考にしてください。

外国人が履歴書を書くときに気をつけるポイント

履歴書を作成するときは、企業(採用担当者)から「この人に会ってみたい」と感じてもらえるような書類にするのがポイントです。日本では書類選考後に面接という流れが一般的。そのため、最初の関門である書類選考を突破しなければ次の採用ステージへ行くことはできません。もちろん、履歴書だけで合否が決まることはほとんどありませんが、あまりに不備が多いと悪印象を与える要因になる恐れも。履歴書の内容が面接時の会話のきっかけになることもあるので、記載する内容には十分に気をつけましょう。

また、日本の履歴書マナーを守ることも重要です。母国のやり方で作成した場合、日本のビジネスマナーと差異が生じる可能性もあります。母国の作成方法が間違いということではありませんが、日本で就職するなら日本式の履歴書マナーに合わせるという意識が必要です。

とはいえ、日本語や日本式の就職活動に慣れてないうちはなかなか理解できないこともあるでしょう。次項からは、履歴書の基本マナーや書き方、提出前のチェックポイントを分かりやすくご紹介しています。就職活動が本格化する前に予習して、日本式の履歴書作成方法をマスターしておきましょう。

 

履歴書の基本マナー 

ここでは履歴書の基本マナーをご紹介します。大切なので1つひとつチェックしてください。

【状況に合った履歴書を用意する】

日本で市販されている履歴書には、パート・アルバイト用、就職用、転職用など、用途別にさまざまな種類があります。就職時にアルバイト用や転職用を選んでしまうと、内容にズレが生じる可能性も。特にアルバイト用の履歴書は項目数が少なく簡単に書ける反面、アピール不足になるかもしれません。就職なら就職用を選び、用途にあった履歴書を選びましょう。

【黒のボールペンで書く】

手書きの場合は黒のボールペンで書くのが基本です。おすすめは、細すぎず太すぎないゲルインキの0.7mm。フリクションタイプの消せるボールペンは、摩擦で消えてしまう可能性があるので適していません。いきなり書き始めるのではなく、あらかじめ鉛筆で下書きをしてから書くとミスなくきれいに仕上げられます。

【修正テープ、修正液は使用しない】

間違えてしまったときは書き直しましょう。履歴書は就職後も残る公的な書類です。そのため修正テープや修正液の使用はマナー違反となります。また、二重線で訂正印を押すのも避けたほうが無難。書き直す意欲がないのか…と判断されるケースもあるので、できるだけ書き直すようにしてください。

【コピーや使い回しは避ける】

履歴書はコピーや使いまわしをしてはいけません。企業によって価値観や求められる能力は異なるため、使い回すとズレがでてくる可能性があります。履歴書を何枚も手書きで用意するのは大変ですが、必ず企業ごとに用意しましょう。

 

履歴書の書き方

マナーを理解したら実際に履歴書を書いてみましょう。順を追って説明するのでチェックしてください。

【個人情報欄】

氏名や住所、電話番号などを記載する欄です。

・氏名欄
氏名は母国語で記入します。氏名の上部に「ふりがな」と書かれている場合はひらがなで、「フリガナ」の場合はカタカナで書きます。
・年齢
提出する時点での年齢を記載してください。
・住所
省略せず正式名称で書きます。マンションやアパートの場合は部屋番号まで記しましょう。郵便番号も忘れずに書いてください。
・電話番号
必ず連絡のつくものを記載します。携帯電話の番号でかまいません。
・メールアドレス
就職活動用のメールアドレス(パソコン用)を記載するのがベストです。ビジネスの場にふさわしいアドレスを作っておきましょう。
・証明写真
3cm×4cmのサイズが一般的です。裏には氏名を書き、しっかりとのり付けしてください。3ヶ月以内に撮影した写真で、顔が正面ではっきりと写ったものを使用します。服装は黒やグレーのスーツが無難。不安な場合は写真屋でプロに相談するのも手です。

【学歴・職歴欄】

学歴と職歴に分けて記載します。一行目中央に「学歴」と記入したら、次の行から最終学歴の1つ前の学歴(大卒なら高校入学から)を正式名称で書いてください。学部や学科名なども記入し、在学中の場合は「卒業見込み」と書きます。
「職歴」は、学歴から一行開けて中央に記入します。新卒の場合は、次の行に左詰めで「なし」と書き、一段下がって右詰めで「以上」とするのが一般的です。アルバイト経験は書かなくて良いですが、応募先企業と関連するなどの理由でアピールできそうな場合は、記載しても大丈夫です。

【免許・資格欄】

取得した順に正式名称で記入します。日本だけでなく母国で取得したものでもかまいません。書ききれない場合は、応募企業に関連するものを優先して書いてください。

【志望動機欄】

意欲をアピールするために枠内8割以上を目指して書きます。応募先企業ならではの価値観や求める人物像をよく理解した上で、自分の強みがそこでどう活かせるのか、何を実現したいのかなどをアピールしましょう。

【趣味・特技欄】

仕事に関連する趣味・特技を書くようにしましょう。競馬やパチンコといったギャンブル、酒やタバコなどは悪印象になるので避けてください。趣味・特技欄をきっかけに興味を持ってもらえることもあるので、空欄にしないようにしましょう。

【本人希望欄】

希望職種があれば記載します。母国へ帰国するなど、連絡が難しい時期があれば書いておくと安心です。特に伝えることがなければ、「貴社の規定に従います」と記載しましょう。

 

提出前にチェックしよう 

【誤字脱字がないか】

必ず確認してほしいのが、企業名や住所の写し間違いです。企業名を間違えるのは失礼になるほか、熱意が足りないのではないか…という印象になります。また、合否の結果通知が郵送の場合、住所を間違えると届かない可能性も。最後まで丁寧に書くことはもちろん、間違いがないか提出前に最終チェックを行いましょう。

【空欄がないか】

志望動機や趣味・特技欄は自分をアピールする欄です。ここが詳しく書けていない、余白が余っている状態だとやる気がない印象を与えてしまいます。入社意思をアピールするためできるだけ空白は埋めるようにしてください。

【年号が統一されているか】

細かい部分ですが、日本には西暦表記と和暦表記というものがあります。履歴書上部に書く日付や学歴・職歴欄、資格・免許欄などの表記がバラバラだとマナーが分かっていないという印象になります。どちらを選んでも大丈夫ですが、表記は統一するようにしてください。


ここまで外国人の方向けに履歴書の書き方をご紹介しましたがいかがでしたか?最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れればそう難しいものではありません。日本語に苦手意識のある方は繰り返し練習し、第三者のチェックを受けるのがおすすめです。

もう一人で悩まない 日本に関するQ&Aコミュニティ

関連する記事

WEB面接とは?カンペはNG?外国人留学生に向けて注意点を解説

近年、面接の手段として、WEB面接を取り入れる企業が増加しています。WEB面接は対面面接と比べて日本語が聞き取りづらく、コミュニケーションに苦労する外国人留学生が多いようです。このコラムでは、WEB面接の対策や注意点を紹介しています。また、WEB面接を受ける際の身だしなみのマナーも解説。参考にして、面接選考を通過しましょう! 目次 WEB面接とは WEB面接ではカンペを使って...

仕事

退職の手続きについて知りたい!転職を考える外国人へ流れや必要書類を解説

日本で働く外国人の中には、「退職手続きの流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。退職手続きの際は、確認する書類が多数あるため、一つひとつ丁寧に目を通すことが大切です。また、次の職場でスムーズに入社手続きを完了させるためにも、確認を怠らないようにしましょう。 このコラムでは、退職手続きが始まるまでの一般的な流れや、退職後の公的な手続きについても紹介します。参考にしてください。...

仕事

日本で転職を考える外国人に内定後の流れを解説!

日本で転職を考える外国人の中には、「内定後の流れが分からない…」と悩む人もいるでしょう。内定後は、まず企業の内定通知に返信します。その後、入社時に必要な書類や在留資格の申請など、準備することが多々あり、丁寧な確認が必要です。このコラムでは、内定後の流れを順に解説しています。転職先の入社手続きをスムーズに終えるためにも、効率を考えて行動しましょう。 目次 内定通知へ必...

仕事

円満退職とは?メリットやコツを外国人に向けて解説

「円満退職するためにはどうしたら…?」と悩む人もいるでしょう。円満退職をするためには、周囲にも目を向け、視野を広く持ちながら行動することが必要です。転職先で働きやすくするためにも、退職する企業での円満退職を目指しましょう。このコラムでは、円満退職のメリットや具体的なコツを紹介しているので、参考にしてください。 目次 円満退職とは? 円満退職が必要な理由 円満...

仕事

雇用契約書で何を確認すべき?確認項目を日本で転職したい外国人に解説

日本企業に就職した際に渡される、「雇用契約書」の見方に悩む外国人もいるでしょう。雇用契約書は、企業と自分が合意したうえで労働契約を結ぶ、非常に重要な書類です。企業が提示した雇用条件を承諾できなければ、入社を辞退することもできます。このコラムでは、雇用契約書で特に確認すべき項目を解説しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 雇用契約書とは 企業に記載が義務付けられている雇用...

仕事

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー