日本の伝統行事や年間行事を一覧で解説!特別な日に食べる行事食とは?

WeXpats
2021/12/24

正月から大晦日まで日本は一年中さまざまな行事が行われています。日本に興味がある外国人のなかには、伝統行事や年中行事、特別な日に振舞われる行事食に興味がある人もいるでしょう。そこで、このコラムでは日本の行事を一覧にして解説します。海外発祥の行事が日本でどのように行われているか、伝統行事は何を目的としているかを知りたい人は参考にしてください。

目次

  1. 日本の伝統行事一覧
  2. 1月~6月に行われる日本の年間行事一覧
  3. 7月~12月に行われる日本の年間行事一覧
  4. 日本の行事食
  5. まとめ

日本の伝統行事一覧

正月やひな祭り、月見など、日本には四季に合わせて行われる伝統行事があります。伝統行事は日本特有の文化や価値観を知るのにうってつけです。初めて日本で過ごす外国人や日本文化に興味がある人は実際に伝統行事に触れてみると良いでしょう。

正月

正月は年神さまを迎えて、新年が良い年になるように祈る伝統行事です。日本では1月1日を元日といい、朝の時間帯だけを元旦と呼びます。前年に親しくしていた人やお世話になった人に年賀状を送ったり、神社や寺に初詣に行って新年の無事を祈ったりするのが一般的です。また、縁起物としておせちを食べる文化もあります。

節分

節分は一般的に2月3日に行われる伝統行事で、「鬼は外、福は内」と声をあげながら豆をまきます。節分は日本独自の伝統行事です。自分の年齢と同じだけ豆を食べれば魔除けになるとされており、節分の時期になるとスーパーやコンビニで豆が売られます。鬼のお面が付属していることもあり、豆を投げる人と鬼を演じる人に分かれて節分を楽しむのが主流です。

ひな祭り

ひな祭りは3月3日に行われる女の子の健やかな成長を願う伝統行事で、桃の節句とも呼ばれています。ひな人形という日本人形を「ひなあられ」や「ひしもち」とともに飾り、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物を食べてひな祭りを祝うのが一般的です。

花見

最も早い地域では3月下旬、遅い地域では5月上旬ごろに桜が咲き始めるため、開花時期に合わせて花見を行う日本人は多いです。花見は日本の伝統行事の一つで、現代ではピクニックやサイクリング、宴会を兼ねて行われています。花見弁当や花見団子を持ち寄って、桜を楽しむのは日本の春の風物詩でしょう。

端午の節句

端午の節句は、男の子の健やかな成長を祈って行われる日本の伝統行事です。5月5日のこどもの日が現代の端午の節句で、鎧や兜を身にまとった五月人形を飾ったり、庭にこいのぼりを立てたりして男の子が元気に成長するように願います。厄除けのために菖蒲湯に入るのも端午の節句の特徴です。

七夕

七夕は7月7日に行われる日本の伝統行事です。七夕の夜にだけ会うことを許されている織姫と彦星という夫婦がおり、天の川を渡って会いに行くという伝説が日本では古くから伝わっています。また、笹竹に願い事を書いた短冊を結びつけるのも七夕の特徴です。織姫や彦星がいる星空に向かって子どもの成長や健康、習い事の上達を願うと良いとされています。

お盆

お盆はおおむね8月13日~8月16日ごろに行われる伝統行事で、先祖の供養を目的としています。日本では「亡くなったらあの世に行く」と考えられており、お盆の間だけ魂が現世に帰ってくるという考えが一般的です。先祖があの世とこの世を行き来するための乗り物をキュウリやナスで作ったり、帰りを見送るために「送り火」を焚いたりします。

重陽の節句

9月9日に行われる重陽の節句は、栗ご飯を食べたり菊酒を飲んだりして無病息災を願う伝統行事です。昨今ではあまりなじみのない伝統行事ですが、日本が旧暦を使用していたころは盛んに行われていました。また、菊の香りは魔除けの効果があると信じられているため、重陽の節句では菊湯や菊枕といった行事を取り入れています。

月見

日本では秋になると月見という伝統行事が行われます。特に、旧暦の8月15日にあたる日は「十五夜」「中秋の名月」と呼ばれており、月見に最適です。月見はきれいな月を鑑賞するだけでなく、ススキや月見団子、収穫した農作物をお供えして豊作を祝う行事でもあります。

七五三

七五三は子どもが3歳、5歳、7歳になったときに、正装を着て神社に参拝する伝統行事です。なお、現代ではフォトスタジオで写真撮影のみ行う場合もあります。子どもが一定の年齢まで育った感謝と、その後の成長と健康を願って行われる伝統行事です。

1月~6月に行われる日本の年間行事一覧

1月から6月の、上半期に行われる日本の年間行事を一覧で紹介します。海外発祥の行事を日本の価値観や考え方に合わせて取り入れているものもあるので、自国の文化がどのように浸透しているのか気になる方はチェックしてみましょう。

鏡開き

正月に神様や仏様に供えた鏡餅を下げ、無病息災を願って食べることを鏡開きといいます。1月11日に鏡開きを行う地域が多く、乾燥して硬くなった鏡餅を木槌で割ってかき餅や雑煮、汁粉にするのが一般的です。ただし、近年では鏡餅にカビが生えるのを避けるため、真空パックに包んだ状態で神仏に供える傾向にあります。

成人式

2021年時点で日本では20歳が成人とされており、大人の仲間入りを果たした新成人を祝福するために成人式を行います。振袖や袴、スーツなどの正装に身を包んで成人を祝う行事です。1月の第2月曜日が成人の日として祝日に指定されているため、その日に成人式を行ったり中学校や高校の同級生と同窓会を開いたりします。

バレンタインデー

2月14日に行われるキリスト教圏の行事であるバレンタインデーは、日本でもなじみの深い行事です。恋人たちが愛を伝える日として世界各国に広まっているバレンタインデーは、日本では女性から男性へ新愛をこめてチョコレートを贈る行事として浸透しています。昨今では恋人だけではなく、友人やお世話になった人にもチョコレートを贈るようです。

ホワイトデー

ホワイトデーはバレンタインデーから派生した日本独自の行事です。ホワイトデーが行われるのは3月14日で、バレンタインデーにもらった贈り物のお返しをします。恋人同士でお返しをする場合はマシュマロやキャンディー、クッキーといったお菓子のほかに、アクセサリーをプレゼントすることが多いようです。

エイプリルフール

4月1日に行われるエイプリルフールは、日本でも浸透している行事です。大手企業やメディアも秀逸なジョークを披露し、エイプリルフールを盛り上げています。近年では英語圏特有のルールも広まり、嘘をついて良いのは午前中までで午後に種明かしを行う日本人が増えているようです。

母の日・父の日

日本では母親と父親に感謝を表す行事として、母の日と父の日があります。母の日は毎年5月の第2日曜日、父の日は6月の第3日曜日です。どちらもアメリカの行事がもとになっており、母の日や父の日は花やプレゼントを贈り、日頃の苦労をねぎらいます。

7月~12月に行われる日本の年間行事一覧

7月から12月の、下半期に行われる日本の年間行事を一覧で紹介します。

夏祭り・花火大会

日本では7月~8月ごろに、夏祭りや花火大会といった行事が行われることが多いです。地域に密着した小規模な夏祭りから、全国各地の人が見に来る大規模なものまであります。夏祭りは豊作を祈ったり神様に町の様子を見せたりするために始まった行事です。花火大会はお盆の時期に合わせて行われることが多く、送り火のように鎮魂の意味を持っています。

ハロウィン

アメリカを中心に行われているハロウィンは、日本でも有名な行事です。日本では近年になってから仮装文化や「トリック・オア・トリート」の文言が浸透し、10月31日になるとさまざまなハロウィンイベントが開催されます。日本のハロウィンは子どもや若者を中心にお菓子を配ったり、家族や友人同士で仮装を楽しんだりする行事として人気です。

冬至

最も夜が長い日を日本では冬至といい、かぼちゃを食べて栄養を付けたり柚子を浮かべたお風呂に入って体を温めたりします。昔の日本では冬になるとほとんど農作物が収穫できなくなるため、保存が利き栄養価が高いかぼちゃは貴重でした。また、柚子の皮には血行改善や風邪予防の効果があるため、冬至は寒さが厳しい日本では欠かせない行事です。

クリスマス

世界各国で浸透しているクリスマスは日本でも有名な行事です。ただし、ほかの国のように家族と過ごすよりも恋人と過ごすロマンティックなイベントとして浸透しています。日本では12月25日は祝日にならないため、社会人は夜だけパーティーを行うケースが多いです。なお、海外と同じように子どもにはサンタクロースからの贈り物があり、幅広い世代に愛される行事として親しまれています。

大晦日

1年の締めくくりである12月31日を大晦日といいます。年神様を祀る準備を行い、迷いや苦しみを断ち切る除夜の鐘を聞いて新年が来るのを待つ行事です。大掃除を行ったり年越しそばを食べたりと、大晦日は家にこもって過ごすのが良いとされています。

日本の行事食

日本の伝統行事や年間行事の多くは、普段の食事と異なる「行事食」を食べるのが習わしです。たとえば、正月に長寿を願って腰の曲がった老人のように見えるエビを食べたり、節分でその年の福をつかさどる神様の方角を向いて恵方巻きを頬張ったりします。行事食は、健康や無病息災を願った料理や旬の食べ物が選ばれることが多いです。神様への感謝を込めて食事をお供えし、家族や地域の人と同じものを食べる行事食は、日本の宗教信仰や周囲の人との絆を深めるのに役立っています。

日本の伝統行事については、「日本の伝統的な行事を外国人に向けて紹介!」や「日本の伝統行事には何がある?年末年始の行事や通過儀礼についても紹介」でも紹介していますので併せてご覧ください。

まとめ

日本には古くから伝わる伝統行事のほかに、海外由来で独自の発展を遂げた行事があります。また、日本の伝統行事では願掛けや縁起を担ぐ意味を込めて、行事食を食べることが多いです。日本の行事に参加したり行事食を味わったりすることで、日本文化に対する理解が深まるでしょう。

ライター

WeXpats
生活・仕事・留学に関するお役立ち情報から、日本のディープな魅力を紹介するコラムまで、バラエティ豊かな記事をお届けします。

Special Features 特集

Top Articles 人気記事

Our Social Media ソーシャルメディア

日本の最新情報を9言語で定期更新しています。

  • English
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • မြန်မာဘာသာစကား
  • Bahasa Indonesia
  • 中文 (繁體)
  • Español
  • Português
  • ภาษาไทย
TOP/ 日本文化を知る/ 季節の文化とイベント/ 日本の伝統行事や年間行事を一覧で解説!特別な日に食べる行事食とは?

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー