日本の文化をまとめて一覧で紹介!独自の価値観や海外との違いも解説

WeXpats
2023/02/03

日本の独特な文化に、魅力を感じている外国人の方もいるのではないでしょうか。また、西洋文化との違いが気になる方もいるでしょう。日本文化は自然との調和のもと、独自の変化を遂げてきました。
このコラムでは、海外で人気の日本文化を解説します。また、外国人に驚かれる日本文化や習慣も紹介。このコラムを通じて文化に触れ、日本への理解を深めましょう。

目次

  1. 日本文化とは?
  2. 日本文化の特徴
  3. 日本文化と西洋文化には異なる点が沢山ある
  4. 日本の文化まとめ【価値観編】
  5. 日本の文化まとめ【食べ物・芸事・その他編】
  6. 日本独特の文化!外国人が驚くマナーを紹介
  7. まとめ

日本文化とは?

日本文化とは?の画像

日本文化とは、ほかの国にはない日本特有の文化のことです。日本は四方を海で囲まれた島国であるため、ほかの国から伝わってきた文化が独特のかたちに変化し、根付いていきました。

日本文化は、江戸幕藩体制を廃止した「明治維新」後に、日本が西洋各国との交流を盛んにしたことによって世界に広まります。明治維新後、日本では西洋文化を積極的に取り入れ生活様式が変化する「文明開化」が起こりました。それと同時に、日本特有の文化も海外に徐々に広まっていったのです。

日本で経験できる伝統文化は「日本の伝統文化が知りたい方必見!旅行や観光でおすすめの行事・活動を紹介」のコラムを参考にしてください。

日本文化の特徴

日本文化の特徴の画像

日本文化が持つ独特の自然観は、自然に身をゆだねる生活のなかで培われました。また、海外の文化を取り込み独自の改良がされてきたのも、日本文化の特徴です。ここでは、日本文化の特徴をまとめて紹介します。

中国や韓国の影響を受けつつ独自に発展してきた

日本文化は、近隣にある中国大陸や朝鮮半島からの影響を色濃く受けています。しかし、伝わったままの状態を保っている文化はほぼなく、日本で日本人に適合したかたちに変わっていきました。たとえば、漢字は中国から伝わった文字ですが、現在日本で使われている漢字と中国で使われている漢字は異なります。また、漢字から発展したカタカナやひらがなは日本独自の文字で、中国にはありません。

このように、ほかの国からの影響を受けつつも多様なかたちに発展していったのが、日本文化の特徴といえます。

日本特有の自然観に基づいている

日本には、欧米と異なる「人間も自然の一部」だとする独自の自然観があります。中心にあるのは、「人間が自然のすべてを理解したり制御したりするのは不可能」とする考え方です。自然に身をゆだね、どのような状態でも受け入れるという姿勢は、さまざまな日本文化に反映されています。

また、四季のある日本で暮らす日本人は、季節の移り変わりにも敏感です。そのため、繊細な季節の変化を目一杯楽しむことに重点を置いた日本文化も多くあります。日本文化は、日本独特の自然観によって培われたといえるでしょう。

日本文化と西洋文化には異なる点が沢山ある

日本文化と西洋文化には異なる点が沢山あるの画像

地理的にも遠く離れている日本と西洋では、文化的な違いが多数存在します。ここでは、日本文化と西洋文化の異なる点をまとめて紹介するので、日本人と交流する際の参考にしてください。

人との関わり方の違い

日本人は、ほかの民族と関わってこなかった歴史が長いことから警戒心が強く、コミュニケーションの取り方も控えめな人が多い傾向にあります。積極的に他者と関わっていく人が多いヨーロッパ圏の人とは、大きく異なる点でしょう。

食事の取り方の違い

西洋は肉食が中心で、小麦で作られたパンやパスタを食べる食文化があります。一方、日本は米や魚、野菜を中心に食してきました。現在のように日本人がパンや牛肉を食べるようになったのは、西洋文化が入ってきた明治時代以降です。なお、「日本人のご飯は西洋人にとってのパン」といわれますが、これは間違った解釈といえます。日本人は、ご飯をパンのように肉や魚の付け合わせとして食べてはいません。お米を美味しく味わうために、おかずを食べているといった解釈が相応しいでしょう。

信仰との向き合い方の違い

信仰との向き合い方も、日本と西洋では大きく異なります。西洋では、特定の宗教を信仰し、お祈りをしたり儀式をしたりすることは決して珍しくないでしょう。一方、日本人はいわゆる無宗教といわれる人が非常に多い国です。そのため、いろいろな宗教の神にお祈りをし、その時々に盛り上がる宗教イベントに参加します。

人生で優先すべきことの違い

日本人の国民性として、周囲と同調・調和することを優先させる人が多い傾向にあります。もちろん、全員には当てはまらないものの、個人を大切にする西洋的な考えをする人はそう多くありません。

建築様式の違い

伝統的な建築物の多くは、日本だと木材、西洋だと石材で作られています。地震の多い日本では、石造りの建築様式は発展しませんでした。また、湿度調節もできる木材のほうが、高温多湿な日本の気候に合っていたのです。

芸術に対する価値観の違い

日本人には、一見地味でさみしげな表現も美しいと考える文化があります。特に芸術分野ではそのような傾向が強いでしょう。古くから伝わる有名な芸術作品からは、華やかよりも奥ゆかしさや侘しさを強く感じます。

日本の文化まとめ【価値観編】

日本の文化まとめ【価値観編】の画像

日本人特有の考え方や習慣は、日本の文化の一つです。ここでは、人にまつわる日本の文化をまとめて紹介します。

宗教

日本はあまり宗教を意識しない国ですが、神道や仏教は日本人に深く根付いています。古来から神道が信仰されていたところに、現在の韓国である百済(くだら)から仏教がもたらされました。なお、日本人の多くは、神道や仏教を信仰していると意識せずに生活を送っています。そのため、正月には神道の考えに基づいた神社にお詣りし、盆には先祖供養のために仏教のお経をあげるのです。

日本では、キリスト教のイベントであるクリスマスも祝います。ただし、日本のクリスマスは西洋と違い、12月24日に友人や恋人と楽しむイベントです。

仏教については「仏教とは?基本的な教えやお釈迦さまの伝説を外国人へ分かりやすく解説」のコラムを参考にしてください。

おもてなし

おもてなしとは、客人への心を込めた待遇やサービスを指します。日本のおもてなしを強く感じるのは、旅館や百貨店などの場所です。旅館に泊まったときに適温で出される料理や掃除の行き届いた部屋には、充実した時間を過ごすための気遣いを感じるでしょう。百貨店では、雨が降ったらショッピングバックにビニールカバーをかけ、商品を守ります。

相手のことを思いやり、細かいところにまで配慮が行き届いたおもてなしは、日本を代表する文化といえるでしょう。

海外からも注目されるおもてなしに関しては「日本のおもてなしとは?サービスやホスピタリティとは違う文化がある!」の記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

かわいい(kawaii)

日本独自の「かわいい(kawaii)」という価値観も、立派な文化として世界中に受け入れられています。かわいいは「cute」や「pretty」とはまた異なる感情を表し、直訳できる言葉は他言語にありません。愛らしく、心を揺さぶられる対象に出会ったときに、日本人は「かわいい」と感じます。

日本の文化の一つ、かわいい(kawaii)については「かわいい(Kawaii)の意味とは?対象や派生語もあわせて覚えよう」のコラムも参考にしてください。

わびさび

「わびさび」はさまざまな文化に影響を与えている、日本古来の価値観です。「わび」は「完全でない状態を楽しもうとする気持ち」「さび」は「枯れた状態や古さの味わい」を表します。特に、日本庭園や茶道、盆栽などの文化は、わびさびの概念に大きく影響を受けているといえるでしょう。

bonsai(盆栽)の魅力とは?おすすめの観光スポットも紹介!」では、日本独自の美意識である「わびさび」の精神を感じられる、「盆栽」について紹介しています。

コミュニケーション

日本人は西洋人とは異なるコミュニケーションの方法をとります。日本文化では、周りの人々との協調性が重要と考えられてきました。そのため、お互い思った内容をはっきりと言葉にする習慣はあまりありません。代わりに、相手の表情や声のトーンなどの様子から考えを察します。

日本独自のコミュニケーションは、マナーに紐づくことが多くあります。下記の記事をそれぞれ参考にしてみてください。身近にいる日本人の思考や価値観を理解する助けになるでしょう。

・お葬式のマナー
外国人必見!日本の葬式のマナーとは?焼香のあげ方や香典の包み方も解説

・お祝いのマナー
日本のお祝いのマナーとは?結婚や就職祝いで贈る品やご祝儀の包み方を解説

・面接のマナー
外国人が日本の面接を受ける際のマナーとは?服装や到着時間について解説

・ビジネスマナー
日本のビジネスマナーを外国人に解説!服装から人への接し方まで紹介!

・電車のマナー
外国人が感じる日本と海外の電車の違いとは?乗車する際のマナーも解説!

・敬語のマナー
面接前に正しい敬語を知りたい!外国人に向けてNG例や注意点を解説

日本の文化まとめ【食べ物・芸事・その他編】

日本の文化まとめ【食べ物・芸事・その他編】の画像

ここでは、食べ物や芸事、そのほかのさまざまな事柄にまつわる日本文化を一覧で紹介します。

和食


和食は、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本は南北に長い地形の島国であるため、地域ごとに手に入る食材が異なります。また、四季によって採れる食べ物が変化するため、多彩な料理が考えられてきました。

日本の伝統的な和食には、寿司や天ぷら、そばなどがあります。伝統的な料理以外にも、外国からの影響を受けて新しい和食が生み出されてきました。和食は日本の風土に根付き、海外からの影響を受けながら発展してきた日本文化といえるでしょう。

日本の食べ物に関心のある方は「日本の食べ物を外国人に向けて紹介!文化について解説」「日本の季節の食べ物には何がある?春夏秋冬の旬の食材を紹介」のコラムを参考にしてください。

和菓子

伝統的な技法で作られた和菓子も、後世に受け継がれるべき日本の文化です。和菓子は四季を感じさせる素材や見た目を重視しており、ほかの国のお菓子にはない感性のもと作られています。代表的な和菓子は、羊羹(ようかん)や練り切り、大福などです。

日本の文化・和菓子の魅力と歴史を解説! 和菓子と洋菓子は何が違う?」では、日本独自の文化、和菓子の歴史や特徴についてまとめています。

建築

建築の画像

日本建築は、元々中国から伝わった技術を日本の風土に合わせて発展させた建築様式です。日本の伝統的な建築物は、木造建築が大半を占めています。また、柱や梁(はり)などの直線的な構造や日本特有の美意識を感じさせる造形も特徴です。有名な日本の建築物には、東大寺や法隆寺などの寺院、日光東照宮や春日大社などの神社が挙げられます。日本の伝統文化を目で見て感じたい方は、ぜひ観光に訪れてみてください。

日本建築については「日本建築の特徴とは?歴史や有名な建物も紹介」や「日本の歴史的建造物を地方別に外国人に向けて紹介」のコラムで詳しく解説しています。また、日本の建築家について知りたい方には「日本の有名な建築家は?外国人に向けて代表的な作品や受賞歴も紹介」のコラムがおすすめです。

芸能

 


日本の有名な芸能文化には「歌舞伎」があります。歌舞伎は江戸時代当時の現代劇で、歌や踊り、芝居などのさまざまな要素が楽しめる演劇です。子ども以外の役者はすべて男性が演じ、女性役の役者を「女形」といいます。派手な化粧の「隈取り」や盛り上がるシーンでポーズや表情を止める「見得(みえ)」が有名です。代々親が自分の子どもに芸を教え、引き継がせる方法で伝統を守ってきました。
このほかに、「能」「落語」「日本舞踊」なども、日本が世界に誇る文化です。

詳しくは「日本の歌舞伎の特徴や歴史を解説!役者や人気の演目も紹介」「日本の伝統芸能の種類を一覧で紹介!海外にも伝わる魅力とは」のコラムで詳しくまとめています。

芸道

芸道の画像

芸道のなかでも、華道と茶道は日本が世界に誇る伝統文化です。

室町時代に成立した華道は、草花を生けることで四季の移り変わりや美しさを表現する日本文化です。華道には、「草花の間にある空間も重要」とする考えや、枯れた部分や虫食いがある葉を用いて命の変化を表すといった特徴があります。

茶道は抹茶を点てて、客人に振る舞う芸道です。わびさびの精神を重視しており、日本人の精神性が反映された代表的な日本文化といえるでしょう。

茶道は日本の伝統文化!礼儀作法や流派が分かれた歴史を知ろう」「日本の伝統文化を外国人向けに解説!芸道や季節の行事の一例を紹介」のコラムでは、日本の芸道について詳しく解説しています。

着物

着物の画像

着物は日本の伝統衣装です。現代でも、結婚式や七五三、成人式などの特別な行事で着物が着られ、見る人に華やかな印象を与えています。豊かな色彩やそれぞれに意味のある柄が特徴で、帯や帯留め、足袋などの組み合わせで楽しめる点が魅力です。

さらに詳しく知りたい方は、「日本の着物に興味がある外国人に向けて歴史や種類を解説!」のコラムもぜひ参考にしてください。

お花見

お花見の画像

お花見は、ただ綺麗な花を鑑賞して楽しむイベントではありません。厳しい冬が終わり暖かい春が来たことを、桜の開花とともに感じる日本の伝統文化です。桜の綺麗な公園でレジャーシートをひき、桜を見ながらお酒を呑んだりお花見弁当を食べたりします。また、桜並木をゆっくり歩きながら、桜を眺めるスタイルのお花見も人気です。家族や友人、職場の人と一緒に桜を眺めることが、大切な文化として成り立っています。

お花見にぴったりの季節である春に関しては「日本の春の気候やおすすめの食べ物とは?桜の名所も紹介」にて詳しく紹介しています。また、お花見をはじめとして日本では四季があることも特有の文化として特徴的です。四季折々の楽しみ方や特徴に関しては「日本の季節や気候を外国人に向けて解説!」にて是非ご覧になってください。

日本画

日本画の画像

日本の伝統的な画材や技術を用いて描かれた絵が「日本画」です。日本画は、和紙に鉱石やにわか、炭などで作られた絵の具で描かれます。立体的な西洋画と比べ、平面的なのも特徴です。独特な色使いや表現技法は、西洋の芸術文化にも大きな影響を与えたともいわれています。

日本の画家の名前を紹介!有名な作品を知って芸術鑑賞に役立てよう」では、有名な日本画家と代表作を解説しています。

温泉

温泉の画像

さまざまな効能のあるお湯につかり体の疲れを癒す温泉文化は、日本の代名詞といえます。日本に旅行に来た際に、温泉旅館に宿泊した方も多いでしょう。日本人にとって温泉は、ただ体の汚れを落とす作業ではなく、大地から授けられた恩恵に感謝し、身も心も清める儀式なのです。

温泉については「火山と温泉はどのような関係があるの?外国人に向けて解説!」「日本のお風呂の入浴方法は独特?文化や海外との違いなどを紹介!」のコラムで詳しく触れています。

参照元
文化庁「日本文化の海外発信」
文化庁「無形文化遺産

日本独特の文化!外国人が驚くマナーを紹介

日本独特の文化!外国人が驚くマナーを紹介の画像

西洋にない日本独自のマナーは、もはや文化といっても良いでしょう。ここでは、外国人に驚かれる日本のマナーを紹介します。

会社の飲み会や行事はできるだけ参加する

日本には、業務後の飲み会には極力参加するのが望ましいという価値観があります。飲み会で仕事以外の話をして親睦を深め、コミュニケーションを取りやすくしようという考え方があるためです。これを「飲みにケーション」といいます。ただし、昨今はこの考え方が見直されつつあり、プライベートの時間を大切にする会社も増えているようです。

日本独自の飲み会のマナーについては、「日本の飲み会文化とは?職場の人とお酒を飲む際のマナーを押さえよう」にて紹介しています。

咳や鼻水が出るときはマスクをする

日本には、2020年に新型コロナウイルスの流行が拡大する前から、咳や鼻水が出るときはマスクをするマナーがありました。「相手に風邪や病気を移してはいけない」という気持ちの表れといえます。風邪の流行る冬になると町中にマスク姿の人がいるため、海外から来た方は驚くでしょう。

電車では静かにする

日本では電車の中で静かにするのがマナーです。電話で話すことは明確なルールとして禁止されており、友人や家族と電車に乗っているときも小声で話さなければなりません。たくさんの人が乗車していても電車内が静かなのは、日本ならではといえるでしょう。

食事をするときはお椀を持ち上げる

日本では、食事をするときにお椀を持ち上げるのがマナーです。西洋はもちろん、日本と似た食文化を持つ韓国でさえもお椀は置いたままで食事します。なぜお椀を持つのがマナーになったかは諸説ありますが、主食のお米には神様が宿ると考え、敬う気持ちを表す行為という説が有力です。

麺をすするときは音を立てても良い

海外だと麺類をすすって食べるのは行儀が悪い行為とされます。しかし、日本ではうどんやそば、ラーメンなどをすすって食べるのは問題ありません。日本で古くから食されているそばは、音を立ててすすったほうが風味を感じられて美味しく食べられるためです。

旅行や遊びに行ったあとはお土産を配る

日本には旅行やレジャーに行ったり帰省したりしたら、上司や同僚にお土産を購入するマナーがあります。海外のお土産といえば家族や親しい人が対象なので、職場の人に買うのは日本特有の文化です。特に、有給や休みを取って出掛けた際は「お休みをいただいてすみません」「お休みの間ありがとうございます」といった気持ちを込めて、お菓子やちょっとした小物を配ります。なお、職場ごとに感覚が異なり、お土産を買わなければマナー違反になるとは限りません。

年上を敬う

日本には、年上を大切にして敬う文化があります。年上を敬う文化がある国はいくつもありますが、日本の場合は特に強い意識があるといえるでしょう。年上を敬う思想は儒教に基づいており、ほかに中国や韓国、台湾でもみられる文化です。

お礼や謝罪するときに頭を下げる

日本では、お礼や謝罪の言葉を言うときに頭を下げます。これは「お辞儀」という文化です。元々は、頭を下げることで敵意を持っていないことを表す動作でした。あいさつをする際にハグをしようとしたら、頭を下げられて驚いた方もいるでしょう。日本にはあいさつのときにキスやハグのように体を接触させる文化はないため、代わりに頭を下げるのです。
なお、挨拶は頭を深く下げるほど、より丁寧とされています。

時間をしっかり守る

日本には、時間を守るべきという考えがあります。日本人にとって、待ち合わせや決められた時間

から1分でも遅れたらそれは遅刻です。また、余裕を持って時間に到着することがマナーとされています。特にビジネスシーンでは、時間を守らないと非常識と捉えられてしまうので注意しましょう。

本音と建前を使い分ける

日本では「本音と建前」という概念があります。本音をはっきり言わず、相手が気分を害さないようにするのが目的です。たとえば、「いいえ」と言うべきときにも「ありがとう」「大丈夫」などの曖昧な表現を使います。

本音と建前は外国人にとっては難しい概念です。より詳しく知りたい方は、「日本人はなぜ本音と建前を使い分ける?外国人に向けて理由を紹介」のコラムを参考にしてください。

まとめ

まとめの画像

日本の文化は独自の自然観に基づき、海外からの影響を受けながら発展してきました。食べ物や建築、服装などさまざまな物事に、日本伝統の文化が根付いています。
来日した際は、ぜひ日本文化を感じられる場所を訪れ、実際に体験してみてください。より日本という国の魅力を感じられるでしょう。

ライター

WeXpats
生活・仕事・留学に関するお役立ち情報から、日本のディープな魅力を紹介するコラムまで、バラエティ豊かな記事をお届けします。

Special Features 特集

Top Articles 人気記事

Our Social Media ソーシャルメディア

日本の最新情報を9言語で定期更新しています。

  • English
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • မြန်မာဘာသာစကား
  • Bahasa Indonesia
  • 中文 (繁體)
  • Español
  • Português
  • ภาษาไทย
TOP/ 日本文化を知る/ 伝統文化/ 日本の文化をまとめて一覧で紹介!独自の価値観や海外との違いも解説

当社のウェブサイトは、利便性及び品質の維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。Cookieの使用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押して下さい。 なお、当社のCookie使用について詳しくはこちらをご参照下さい。

Cookie利用ポリシー